湘南平はヤマトシジミの宝庫

2020年11月2日(月)はれ      【10月20日~11月2日】
ikuko
 ヤマトシジミの表翅が最近美しい、と感じる。その数は特に頂上付近に多く、歩く先先で私の足にまとわりつくかのようにして忙しそうに翅を動かしている。ヤマトか・・と今までいい加減に見ていたこともあり差別しちゃっていたのかも。反省。
 秋の蝶はあいかわらずテリトリー争いや吸蜜に余念がなく、それらを横目で見ながらヤマトシジミを追いかける。
 11月に入り初霜、初氷、初雪の便りが届く頃となった。山でも里でも冬支度に入っていくが、この頃はきょうのようにまだ暑い日もあって、蚊が飛んでいるかと思うと、翌日には冷え込んだりと落ち着かない。寒気と暖気が綱引きをしているようだ。
 そんな中10月28日は観察会だった。下から往復歩けるようになってきて、この日は久しぶりの仲間とも会えたし蝶は少なくても楽しい時を過ごすことができた。
 また、しまっておいた切り抜きを見つけた。「花の色仕掛け」のタイトルで、「自分では動けない植物にとって、鮮やかな花びらは、花粉を運んでくれる昆虫や鳥を引き付けるためのアクセサリーです。その多彩な色素は、果実や新芽など、植物の体の重要な部分を紫外線から守る役割も果たしています。」(朝日新聞2004年5月22日)
 内容はとても興味深く、すべてを紹介できないがほんの一部記事の中に書いた。
RIMG4384.jpg

同じ個体の裏翅~ちょっと変わってる・・ルリシジミと間違えそう
RIMG4391.jpg

個体差があるね
RIMG4393.jpg
RIMG4398.jpg
RIMG4399.jpg
RIMG4311.jpg
DSCN0579.jpg

アカタテハ
DSCN0576.jpg

擬態しているかのよう
DSCN0608.jpg

キタテハは数が多い
DSCN0553.jpg

ルリタテハ~頭上高くようやくとまってくれた
DSCN0627.jpg

ゆっくりとその翅を動かす
DSCN0629.jpg

ヒカゲチョウ~上村さん見つける
DSCN0581.jpg

アサギマダラ~同じ日メンバーが見つけて撮影会
DSCN0590.jpg
DSCN0594.jpg

翌日も会う~シロヨメナが影絵のよう
DSCN0633.jpg

その翌日にも会う~お腹側から見せてもらう
DSCN0654.jpg

この時は小さな旋回を繰り返して遊んでもらってるようだった
DSCN0678.jpg
DSCN0680.jpg
DSCN0673.jpg
RIMG4331.jpg
RIMG4336.jpg

キアゲハ~バックを飾るのはセイタカアワダチソウ群落
DSCN0603.jpg

(ナミ)アゲハ~アゲハ類は少なくなってきている
DSCN0695.jpg

クロコノマチョウ~久しぶりで珍しい~樹液のある大木から私の足音を感じて飛び出してきた
DSCN0698.jpg

観察会にて、回遊さんが見つけたコミスジ幼虫~回遊さんは卵、幼虫、蛹と探索に余念がなく進化を遂げている
RIMG4269.jpg

アカボシゴマダラ幼虫のお顔を見せてもらった
RIMG4363.jpg

10月31日の富士山~展望台から
DSCN0646.jpg

カツラの葉が散り始めその甘い香りが漂う
RIMG4400.jpg

きょうの浅間山の上空
DSCN0690.jpg

久しぶりにケヤキ広場に寄る
RIMG4300.jpg
RIMG4290.jpg

サラシナショウマが咲いていた
RIMG4294.jpg
RIMG4298.jpg

コマユミ
RIMG4272.jpg

ノコンギク
RIMG4276.jpg

冒頭に書いた朝日新聞から~シロヨメナの蕾が赤紫なのはもしかして「色素は細胞を傷つける活性酸素と結びついて無害な物質に変える効力も強いことがわかってきた」「色素は植物全体を守っている」というのにあてはまるのか~すごいな
RIMG4236.jpg

そのシロヨメナはこの季節の沈んだ色合いの中にあって、そこかしこにそこだけ白い輝きを放っている
RIMG4358.jpg
RIMG4359.jpg

ヒキオコシを接写する~上記と同じ資料から~「斑点は紫外線を吸収するのでそれを識別できる昆虫の目には人間が見る以上に目立って見える。斑点がある花びらの根元にだけ蜜腺がある」「結果として花が彼らに好まれるための戦略だ。こうした目印を『ネクターガイド(蜜標)』という」のだそうだ~へぇ・・である~また「花粉による受精がすむと花の色が変わる植物が200属以上知られている」「花色を変えて昆虫に知らせてやる」「植物と昆虫双方が効率的に目的を達成するための合図でしょう(工藤岳、生態学)」というのも驚きだ~すべての生き物は生きる知恵に満ち満ちている
RIMG4308.jpg

足元にはゲンノショウコ~タネがはじけた後の形が神輿(みこし)の形に似ているので「神輿草」とも言われていると言う~私にはメリーゴーランドに見える~この形が好きなので待っていた
RIMG4314.jpg

ワレモコウ~まだ楽しめる
RIMG4328.jpg

頂上P.近くに教えてもらったホトトギスが群生
RIMG4243.jpg
RIMG4244.jpg

ハンショウヅルの果実~あちこちに飛んでその苗が増えてきた
RIMG4247.jpg

センニンソウ果実~頂上付近は刈り取られて減ってきたがこれからも増えそう
RIMG4255.jpg

コウヤボウキの群生地はその半分くらいが開花してきた~まだまだ楽しめる
RIMG4364.jpg
RIMG4349.jpg

キチジョウソウも気づけばあちこちにあるのがわかった
RIMG4353.jpg




          沢風に誘われて~ホーム





この記事へのコメント

  • ikuko

    浅間山でお会いした方ですね。
    さっそくのコメントをありがとうございます。
    自分の好きな分野でお役に立てて、それを喜んでいただきとても嬉しいです。お声かけして良かったです。
    きのうは晩秋にしては暖かな日だったので日がな一日楽しまれたようで良かったですね。
    湘南平は四季折々楽しめます。
    遠路でしょうが、またお会いできたら嬉しいです。
    2020年11月23日 06:58
  • 今日はありがとうございました。
    この実は何だろう?と主人と話してたら後ろからヤブラン とのお声が…教えて貰えて嬉しかったです。
    またアドレスを教えて下さったお陰で山に詳しい人の山の楽しみ方を身近に感じることができ、次からの山歩きの楽しさが増えそうです。蝶々もとても素敵ですね。蝶々にはじめて強く興味をもちそうです。
    お会いできブログを拝見できたことに感謝しています。

    (高麗山のあと、下山し45分ぐらい金目川沿いを歩き、野鳥も楽しみながら花菜ガーデンへ…秋のバラも綺麗でした)
    2020年11月22日 21:17