湘南平にミドリヒョウモン!

2020年9月22日(火)秋分の日・晴れ時々曇り     【9月1日~22日】 ikuko  表題のように17日に頂上近くのオトコエシにキタテハ目的で行ってみたら、ちょうど吸蜜に来ていたミドリヒョウモンに遭った。それも2頭。びっくりだ。夢中でカメラを向けた。ちょっと翅が傷んでいる。高原で見てきたので、湘南平とは違う世界に私をいざなってくれた気がした。  ここに生息しているかはわからないが上…

続きを読む

小出川散策~残暑の後、「白露」の頃に

2020年9月20日(日)くもり     【9月8日~20日】 ikuko  タイトルは24節気の「白露(はくろ)」。9月に入り、朝夕に秋の気配を感じる頃となった。小出川の土手を散策中は集団のカルガモが可愛らしくて、同じような画像が多く恐縮だが、秋の蝶や花も見られるようになった。野鳥の飛ぶさまも少し撮れた。  そして、きょうはまたカワセミの飛翔を数回見ることができた。輝くばかりの背中の青さ…

続きを読む

小出川~さまざまな出会い

2020年9月6日(日)       【8月24日~9月6日】 ikuko  初めて撮れたカルガモの飛翔。ピンボケゴメン。失敗、タイミングの悪さは数知れずの中ではまずまず。  暑い毎日、朝5時に自宅を出てもすぐに陽ざしが体に刺さるようだ。カメラを向けたり、集中したりするのは疲れてしまうお年頃。 その中で、4日と5日に出会いがあった。6年前に平標山の山スキーでお会いした方(kimagure…

続きを読む

入笠湿原~蝶に遭いに行く

2020年9月2日(水)晴れのちガス ikuko、kazu   (追加しました。最後に5日「天声人語」を載せ、想いを書きました。)  入笠湿原は花と蝶の宝庫と言われ、昨年は蝶仲間が出かけて美しい画像を送ってくれて私も行きたいと思っていたが、今年の酷暑に二の足を踏んでいた。9月に入り気持ちが落ち着き、湿原の標高は1700m余りだよなぁ・・と急に思い立って出かけることにした。  そして!目的の…

続きを読む

湘南平~8年目、背を割りしこずえに響かせる蝉しぐれ

2020年8月26日(水)はれ        【8月18日・23日・26日】 ikuko   トップ写真はタイトルの空蝉にマユタテアカネが止まっているところ。まるで訪問しに来たかのように。こんなことが愛おしい。  たまには歩かないと・・と出かけるが、暑くて暑くて。頂上に車を置いての高麗山往復とする。  26日は4人の観察会で、麓から往復、午後も歩いた。上村さんと、回遊さんは元気で日向でも…

続きを読む

小出川散策~残暑厳しい

2020年8月22日(土)      【8月8日~22日】 ikuko  きょうの帰り道で珍しくアオサギが泳いでいた。あわてたのでピンボケゴメン。初めて見るかも。奥はカルガモ。  猛暑に散策を諦めていたが、そうだ!早朝に歩けばいい、と気づいた。苦手だけど。 16日から5:30頃家を出る。その頃の朝日は気持ち良いが、すぐに暑い日差しになる。日傘の手放せない散策だ。上流の圏央道までは東側なの…

続きを読む

毎熊さんの展示会に行って来た~COYAMAにて

2020年8月19日(水) ikuko 他1名  トップ写真は長崎原爆資料館に大切に保管されている、熱風で被爆した瓶。  8月9日の湘南平ブログに載せた娘のカフェ・ギャラリーに友人と出かけた。(今はNHK首都圏ニュースWEBは見ることができません) 毎熊那々恵さんの作品はテレビやネット、新聞等々で見てきたが、実際に見ることと、触ることは感じることが違う、と感じた。身近になる。関心が深まる…

続きを読む

湘南平、お気に入りの林で目を閉じる~8月9日11時2分

2020年8月9日(日)はれ ikuko  きょうはお気に入りの林で黙とうした。  私は以前「被爆者国際署名」を集めていた。ただそれだけだったけど・・。なんだかここ数年は祈りの夏に湘南平で一人で目を閉じたくなり、想像する。被爆者の手記を朗読する活動をしている吉永小百合や「父と暮らせば」を書いた井上ひさしがどれだけ被爆者の手記を読み込んでいたことか、とか「この子たちの夏」の朗読をやっていた地…

続きを読む

8月6日8時15分。合掌。~湘南平にて

2020年8月6日(木)はれ       【7月16日26日・8月6日】 ikuko きょうは、少し早めに行く。ヤマユリが西の方を向いていた。8時15分。合掌する。 「広島への原爆投下から75年の節目となる『原爆の日』を迎えた。・・今年は『ひろしま平和の歌』を高校生4人で、被爆ピアノの演奏と歌唱で披露した。・・弾きての平賀さんは「平和の世界を願う思いを届けたいと言う思いで弾いた。すてきな歌…

続きを読む

小出川散策~梅雨明け

2020年8月5日(水)はれ       【7月28日~8月5日】  8月1日に関東の梅雨明けがあった。もう、その陽ざしの中は歩けない、とあきらめていた。そうだ、早朝に歩くのはどう?私早起き苦手だけど。  きょうは早起きしたのに陽が出始めてしまって、日傘をさして歩くことしばし。でも緑陰もあり涼風が心地よかった。  トップ写真は今まで見なかったムクドリの水浴びシーン。あなたたちも暑い?水遊び…

続きを読む

小出川散策~夏が来る前に気持ち良く歩く

2020年7月23日(木)くもり     【7月14日~23日】 ikuko もしかして、カルガモ親子かしらん?~だったら嬉しい。上流を歩いて圏央道下の道から田んぼを眺めたらその畦道に休んでいた。 この頃はそんなに長く歩けなくなって手前で戻ってしまうので、この日は楽しかった。梅雨明けになって陽ざしが強くなれば、木陰の少ない土手の道はもう私は歩けなくなる。梅雨明け前のひととき、曇りの日を選ん…

続きを読む

小暑の候、湘南平~そして、6月23日は沖縄慰霊の日だった

2020年7月13日(月)   【6月21日~7月13日】 ikuko  ようやく撮らせてもらえたモンキチョウ。7月になると高麗神社にボタンクサギが咲く。そこにアゲハ類が吸蜜に来るので狙っていた。帰り際、小雨が降る中でも一生懸命に命を繋いでいるかのようだった。 この頃は雨や私事でなかなか歩くことができない。きょう、久しぶりに歩いたらやけにつかれた。筋トレはさぼり気味だし、年かなぁ・・ 暑…

続きを読む

小出川散策~夏至の頃

2020年6月28日(日) ikuko 遥か彼方の田んぼに飛翔して落ち着いたカルガモを見つけた。この頃水鳥を全く見ていなかったので、嬉しかった。田んぼの中で餌を探すのか? 遅ればせながら小出川散策の折に出会った事どもを伝えます。 アオスジアゲハ3態 ベニシジミは多い ヤマトシジミ どう?お顔見える? この表情が何とも可愛らしい …

続きを読む

湘南平~ゼフイルスの季節②~アカシジミ、オオミドリシジミ

2020年6月7日(日)曇りのち晴れ ikuko  きょうは、上村さんと回遊さんと浅間山にご一緒した。この時も2日と同じくらいのオオミドリシジミが舞っていたが、陽光の射し方によってはその色合いや輝きが違って見える。  さらに、そこで会った人たちに移動場所でアカシジミのいることを教えてもらい、2年ぶりの貴重な出会いに興奮した。きょうの目的でもあったので、叶って嬉しかった。そのお二人は鳥を…

続きを読む

湘南平~ゼフィルスの季節①~ウラゴマダラシジミ、オオミドリシジミ

2020年6月2日(火)          【5月8日~6月2日】 ikuko  5月26日に遭遇したウラゴマダラシジミ。ゼフィルスの季節になり、仲間が情報を寄せてくれる。その中で出会った。ラッキーだった。  また様々な理由で湘南平のアップができず、ようやく書くことができた。画像がたまって①と②に分けた。 表題のオオミドリシジミは早朝に通い始めた3年前には100頭規模での卍巴行動が見…

続きを読む

小出川~コサギ(?)やアオサギの飛翔~そして中島岳志

2020年5月21日(木)くもり ikuko  餌を探しているのに足元の流れが強いためか羽を広げて移動している?  きょうは曇りで歩きやすいので上流に向かう。いつもの下流にはもう水鳥は見かけなくなり、淋しい。もしや、と思ったら、いたいた、シラサギの仲間のたぶんコサギやアオサギ、カルガモがいた。  羽を広げる姿は立ち姿とは別格のようで美しいと感じる。きょうはラッキーだったが、慣れないため飛…

続きを読む

小出川での出会い~そして、藤原新也さんの記事

2020年5月18日(月)くもり      【5月5日~18日】 ikuko  山では6月初めに花開くヤマボウシ(山法師)。懐かしさや山にはもう行かれない想いに胸がウルウルした。 そしてこの後、出会ったのだった。6年前に山スキーで平標山に行ったとき(その記録)に会った「バロン」ちゃん。そのボーダーコリー犬とお散歩中の女性に思い切って声をかけてみた。そうだった。バロンちゃんとそのご家族だ…

続きを読む

小出川散策~水辺に集う蝶や野鳥

2020年5月3日(日)はれ ikuko 連休の日曜とあって、小出川は人が多いかなぁ・・と思ったらほとんどいなくて、ホッとする。 きょうは今年初見のアオスジアゲハが河原で給水しているところに遭遇した。思わずにっこり。 川の流れを見ながらの歩きなので、おっとっと・・リハビリにならないなぁ・・ マスクをしながら歩くのは辛い季節になって来たが、蝶や野鳥に遭うとそれも忘れるから不思議。 …

続きを読む

小出川~水鳥を愛でる

2020年4月30日(木)はれ ikuko 毎日のウオーキングにカメラ持参が増えた。初めは蝶の追っかけもあったが、なかなか休んでくれない。川べりをみると水鳥たちの優雅に見える泳ぎや、えさを求めての真剣なようす、そして、のんびりの昼寝、水浴びなど、生きるすべを知っているがごとくの姿が目に付くようになった。3月にたくさんいたカモたちはどこか北の方?かしら、渡っていったようだ。今見かける水鳥の名前…

続きを読む

湘南平~春~シンボルスカの詩

2020年4月26日(日)はれ ikuko 「五風十雨」(ごふうじゅうう)とは、五日に一度風が吹き、十日に一度雨が降るような順調な天気のことをいう。「日本の七十二候を楽しむ」(白井明大著)から。 今はちょうどその時期。そこから転じて世の中が平穏無事と言う意味もあるそうだ。 だが、4月7日に緊急事態宣言が出されてからというもの、全くその意味とは裏腹な季節となった。「今その外出は必要ですか?…

続きを読む

小出川散策

2020年3月29日(日) ikuko 最近は自宅近くの小出川の土手の散策をしている。小出川は相模川の支流で茅ヶ崎市の西部に位置しており、平塚で相模川河口付近に合流している。以前夫と、源流探しに藤沢まで何度かに分けて歩き、最初の一滴を探したことがある。そんなことが思い出されて一人微笑んだ。 今はリハビリ目的だが、楽しみを見つけようとカメラを持って歩いてみた。河津桜やソメイヨシノ、季節の花々…

続きを読む

再び湘南平へ

2020年3月28日(土) ikuko 様々な事情から休んでいましたが、ようやく湘南平を歩くことができるようになり、気が向いたら書いていこうかと思うようになりました。 残念ですが、今は少なくとも山は歩くことができません。 思えば昨年の10月から同時多発で身の上に起こった事どもが少し落ち着いたと思ったら、さらなる試練が・・。人間、だからこそ元気にならざるを得なくなるもんだと奮い立たせていま…

続きを読む

お知らせ

2019年12月22日(日) 画像は11月の吉祥草です。 10月からきょうまで様々な事情から更新できずにいましたが、残念ながらしばらくお休みさせていただくことにしました。 今まで応援、また閲覧していただいた方々にお礼を申し上げます。ありがとうございました。 再開の見通しは立っていません。今までの記録はガイドでは全くありません。マイエッセーのような感覚で書いてきましたが、何かの参考になれば…

続きを読む

丹沢 室久保川~鳥ノ胸山~西棚ノ沢

2019年10月9日(水)はれ時々くもり L.みかん、ucon、ikuko  室久保川(ノマノ沢)に入って10分程歩いたあたり。  きょうは前回のルートの反対コースをみかんさんが計画してくれた。室久保川は登った方が面白いかも、と考えたようだ。私は前回「的様」を近くで見たかったなぁ・・と考えていたので、チャンスだった。浦安峠に加えて今度は「恋路峠」を越えるそうだ。ステキな名称だが、「越路林道…

続きを読む

丹沢 大倉尾根(塔ノ岳往復)~センブリ等秋の花

2019年10月7日(月)晴れ時々曇りのち小雨 ikuko トレーニングに久しぶりの大倉尾根を選んで出かけた。カメラを持っていけば必然と撮影してしまう。キョロキョロと草花を探しているのもいつもの癖。近場なので選んだコースだったが、トップ画像のセンブリに遭えたのは嬉しかった。この日は西丹沢に比べると、多くの人が歩いているのに驚かされた。 大倉P.8:20-大倉高原山の家9:20~25…

続きを読む

丹沢 道志川西棚ノ沢~室久保川

2019年10月2日(水)曇りのち晴れ L.みかん、ucon、ikuko  西棚ノ沢に入り、最初の滝5mを登るリーダー。  きょうはみかんさんの計画に参加した。以前にナメ床を歩くんだよ、と教えてもらい、私にピッタリ~と楽しみにしていた。登りの西棚ノ沢はその通りの穏やかな渓相で、滝は最初と終わりごろに出てくるのみ。それでも詰め近くにはちょっと厳しい小さなチムニー状が待っていて、登りを締めてく…

続きを読む

丹沢大山~アサギマダラ

2019年9月30日(月)晴れのち曇り ikuko  大山は日向コースをトレーニングに歩いてきた。昨年も同じ時期に歩いていて珍しい蝶に出会ったことがあり、ちょっと期待した。それは叶わなかったが、見晴台で昨年と同じようにレモンエゴマの群生地にウラナミシジミが待っていた。そして、昨年は逃げられたアサギマダラには4回もそれぞれ姿を見せてくれた。その、風を読んでの優雅な飛翔には、いつもながらほれぼれ…

続きを読む

湘南平~ウラナミシジミ、ツバメシジミ

2019年9月29日(日)        【9月24日~29日】 ikuko  秋分の日が過ぎたと言うのに、今年は季節の暦があてはまらなくなってきた。さんまは高値で食卓にはのりづらい。また夏日を記録するほどの暑さが続く。それでも湘南平には秋の蝶や花を見ることができた。  ウラナミシジミ。この季節になるとそれを探す目になり、会えればときめく。裏翅は白波が立つようで、橙斑に乗った2個の黒丸がそ…

続きを読む

山梨 笛吹川峠沢~雁坂峠

2019年9月25日(水)はれ ikuko、kazu  峠沢ハイライトのあたりのナメ滝。  きょうは沢歩きで気になっていた峠沢に出かけた。ガイドブック「ウォーターウォーキング」には標高差180m、水平距離1100mとある。短いので思い出のある雁坂峠へのハイキングも兼ねた。峠沢はほんとに笑ってしまうほどにあっけなく50分の遡行だった。初めのうちは水が冷たくて中を歩くのがためらわれ、水流を横に…

続きを読む

秋隣りを感じるころに~湘南平から

2019年9月22日(日)薄曇り ikuko  頂上付近のオトコエシに吸蜜のヒメアカタテハ。久しぶり。ここにはいろいろな蝶が吸蜜に来ていた。  過日の台風15号は大変な被害をもたらして去ったが、湘南平でも倒木や枝の散乱、落ち葉が絨毯のように敷かれて、見上げれば木の葉が少なくなっているのがわかった。その中で、知り合いから聞いて見守っていた花が開いてその美しさにほれぼれした。嬉しかった。 …

続きを読む

那須 阿武隈川南沢(途中のF4で脱渓)

2019年9月18日(水)くもりのち小雨 L.ucon、みかん、popo、ikuko  南沢のF1を登るリーダーのuconさん。のっけからシャワー覚悟の登攀。途中、ビレー点はない。ロープを引いてくれた。  きょうは山NETの募集に参加した。自分には厳しいレベルの沢だろうと想定した。滝は手強いものが多いと言う。以前、甲子山の東南の尾根をはさんだ隣の、同じ阿武隈川源流、白水沢(記録)を遡行した…

続きを読む

高みを飛翔する黒いアゲハを眺めるばかり~湘南平

2019年9月8日(日)晴れ          【8月27日~9月8日】 ikuko 24節気の白露の初候「草露白し」のころとなった。それでも残暑は厳しい。湘南平では表題のように黒いアゲハ類が、新生なのか忙しそうに素早い動きで飛び交っていたり、吸蜜か、と思うとホバリングしながらで、それもすぐさま移動する。なので撮影はほとんど叶わない。画像はカラスアゲハ。オスの青い表翅が美しい。初めはクサギに…

続きを読む

大菩薩 日川曲り沢

2019年9月2日(月)はれ ikuko、kazu  秋風が立つころとなり、夏が終わると思うとやはり沢が恋しい。私でも行かれる所はないかと考えていたところ、10年前に遡行した曲り沢を思い出した。画像は15mナメ階段状の最後のハイライトなんだけど・・倒木多しの情報の通りそこここに枝木がかかり、以前とは趣を異にしていた。残念だったが私でもこれくらいは歩けることを自認した。そして、やってしまった、…

続きを読む

蝶観察会~二宮吾妻山公園(18日)と鎌倉広町緑地公園(24日)

2019年8月24日(土)はれ 上村、ikuko他2~5名  広町緑地公園のそば畑で吸蜜のイチモンジセセリ。数日前には見られなかったと言う。これから多産するようだ。   上村さんは「鎌倉広町緑地に舞う蝶」という本を出しているほど観察の中心エリアにして通っている。午前中は「夏の蝶観察会」の講師をされた。その中で、蝶と食草との関係を熱く語っておられた。まさしく蝶にとっては死活問題だから。  …

続きを読む

残暑お見舞い申し上げます~8月の湘南平から②花編

2019年8月22日(木)くもり         【8月6日~22日】 ikuko  ミズタマソウ。その果実の腺毛に露がついたさまを水玉に見立てた、と言われる。久しぶりで嬉しかった。以前、画像に写るアリのようになりたいと書いたことがある。その時の高揚感を思い出してまたしばらくそのようすを見ていた。  以下、朝日新聞「天声人語」(2012年8月19日)から『・・・向田邦子さんのエッセーが脳裏…

続きを読む

残暑お見舞い申し上げます~8月の湘南平から①蝶編

2019年8月22日(木)くもり         【8月6日~22日】 ikuko  「8月や6日9日15日」(詠み人多数)と詠まれ、頭を垂れた日々が過ぎた。すでに立秋の末候の頃となり、朝夕は秋隣を感じるほどだが、日中はまだ猛暑の勢い。トレーニングがてら歩いている湘南平もそれにもれず、蝉しぐれのシャワーを浴びながら汗を流す。常連さんたちとも会話が増え、キアゲハ幼虫がシシウドに多数いると教えら…

続きを読む

丹沢 中川川西沢

2019年8月11日(日)はれ ikuko、kazu  本棚沢にかかるきょうの本棚、落差70m。滝下に入ってシャワーを浴びた。連日の猛暑にいよいよ我慢できず、沢遊びをしようと出かけた。積極的に水量の多い場所を選んで歩く。難しくないとわかっているからこんなことも楽しい楽しい♪毎日歩いて暑気払いしたいほど。  さらにこの時期には蝶の「スミナガシ」が見られると、VC.のブログや回遊さん情報で…

続きを読む

7月の蝶~湘南平

2019年7月30日(火)はれ         【7月9日~30日】 ikuko   正面顔のキアゲハ。浅間山を訪れるたびに旋回して出迎えてくれる。きょうはゆっくりとモデルになってくれた。口吻を丸めてホーッとしているかのようにも見えて微笑ましい。  今年は夏を迎える入口で混迷を見せる天候だ。関東の27,8日の土日は各地の花火大会予定地では台風6号の影響で苦労されたようだ。昨年より1か月遅い…

続きを読む

蝶観察会~大磯鷹取山周辺~平塚吉沢周辺

2019年7月15日(月・休)曇り 上村、回遊、ikuko、他3名 観察会も終盤になってコミスジが現れた。ツツツィーと風を読んで飛翔するさまが優雅で人気者。 きょうも上村さんの観察会に参加した。だが、あいにくの空模様に目的のオオムラサキは現れず、種類も多くはなかった。(21種)それでもメンバーが多ければ尚楽しく、山道や開けた野原に蝶を追いかければ昆虫少年、少女になり、その生き生きとした表情…

続きを読む

シラビソの森に苔を訪ねて~北八ヶ岳 白駒池~にゅう周回

2019年7月10日(水)くもり ikuko、kazu 中山から高見石小屋に向かう途中の標高2350m付近に広がるシラビソの森。 きょうは、この時期に美しいと言われる苔の世界に浸りたくなり、思い出も多い大好きな北八ヶ岳の森を訪ねた。 このところの長雨に悪路が想定されたが、いつものようにゆっくりと歩いてその森を堪能できればいいな、と考えた。多少の雨でもこの時期だからこその楽しみもある。思い…

続きを読む

蝶観察会~新生蝶の多い、二宮せせらぎ公園、一色周辺

2019年7月7日(日)曇り一時小雨、一時晴れ、風強し 上村、回遊、ikuko、他1名 せせらぎ公園のホテイアオイ葉上に休むウラギンシジミのオス。きょうも上村さんの観察会に参加した。教えてもらうばかりだが、そのフィ―ルドで蝶を探して追いかけるのも楽しい、とメンバーと共感し合えることが心弾ませてくれる。 きょうのお目当てはジャノメチョウやオオムラサキ、メスグロヒョウモンだった。だが、天気…

続きを読む

湘南平~梅雨の晴れ間を歩く

2019年7月5日    【6月16日~7月5日】 ikuko カラスアゲハのオス。表翅は青く光り、見るものを魅了する。サンゴジュの花に行き交いホバリングしながら吸蜜していた。しばらくその行動にみとれる。 山滴る季節ももうすぐ。時には夏の陽ざしや雨風を感じながら、また空にこだまする野鳥の囀りシャワーを浴びながら歩いた湘南平から伝えます。 オオミドリシジミのメス …

続きを読む

蝶観察会~ゴイシシジミ、メスグロヒョウモン、オオムラサキはいるかなぁ・・

2019年7月3日(水)曇り一時雨 上村、回遊、ikuko 他1名 表題のように上村さんがお目当てを教えてくれたが、果たして歩き始めからゴイシシジミを観察出来てメンバーは大喜び。だけど・・他の蝶はどうでしょうか・・きょうは曇りに雨模様だしね・・ 歩き始めて見つけてくれた~トップ写真は別のポイントにて ルリシジミヤマトシジミ オカトラノオの群生~メスグロヒョウモンが好きな…

続きを読む

会越 浅草岳~ヒメサユリ

2019年6月26日(水)晴れ ikuko、kazu  あることがきっかけで、自分の宿題にしてきたことがいくつかある。その一つヒメサユリ。飯豊で、共通の山仲間の遭難救助に当たってくれ、その際に知り合った人にぜひ見に来てください、と言われてもう何年か・・。新潟、山形、福島の山に咲くとあっては、なかなか行くことができないでいた。だが、山歩きも終盤近いので宿題を果たそうと、出かけてきた。  実は…

続きを読む

愛鷹山塊 コアジサイに会いに位牌岳へ

2019年6月20日(木)くもり ikuko、kazu  6月も半ばを過ぎるとコアジサイのことが気になってくる。やはり愛鷹原生地ならではの大群生に会いたい。何度か通ったルートを選び出かけた。今年の開花は少し遅いのか、例年通りなのか、上部の密生した回廊では蕾ばかりだった。それでも標高1040m付近から1150m付近までは見頃を楽しめた。そして、上部のブナ帯ではアシタカブナと呼ばれるブナが独特の…

続きを読む

丹沢 檜洞丸(犬越路~ツツジ新道周回)

2019年6月13日(木)晴れのち曇り ikuko  熊笹ノ峰を過ぎたあたりの稜線標高1500m付近のサラサドウダン。丹沢ではブナ帯で見られると言う。お目当てだったので嬉しかった。下段はヒオドシチョウ。頂上からの下りで先導してくれるかのように飛翔しモデルになってくれた。稜線では全部で10頭くらい飛翔し、みな新生で美しかった。最下段は下山路終盤のウツギ群生地にて現れたアサギマダラ。近くにはアカ…

続きを読む

オオミドリシジミ群舞は?~湘南平

2019年6月12日(水)くもり               【6月6日~12日】 ikuko  オオミドリシジミの交尾は初見。珍しいと上村さんにも言われた。6日に撮影。5日の群舞観察会が雨のため中止になり、翌日に一人でやってきた。3組の撮影者がいて、その中の人が見つけてくれた。(千葉から毎年来ている人がいる)下の方に移動してくれたがメスとオスは離れることはなかった。貴重ではないかと興奮した…

続きを読む

「小満」の頃に歩く~湘南平

2019年6月4日(火)               【5月22日~6月4日】 ikuko  ゼフィルスの一つ、待ちかねたオオミドリシジミ。美しく光る青緑の翅を広げるのはオス。地獄沢周辺で出会い、興奮した。下段はメス。最下段は浅間山で出会ったオス。浅間山での早朝、卍巴行動の乱舞(オスのテリトリー争い)は有名になっていて、ここ数年出かけているので、その兆候を見られて良かった。  タイトルの2…

続きを読む

ゼフィルスを求めて~二宮せせらぎ公園周辺

2019年6月2日(日)くもり ikuko 他4名  「ゼフィルス」とは、卵で越冬し年に1度だけ現れるシジミチョウ科のうちの25種(日本産)を言うそうだ。美しいものが多く、私が観察するエリアでは6種類が確認できる。  きょうはそのゼフィルスが見られたらいいな、と上村さんが計画してくれた観察会に参加した。今の時期はクリの花に集まることの多いゼフィルス。クリの木は多かったがなかなか見ることは叶…

続きを読む

丹沢 檜洞丸(石棚山稜~ツツジ新道)

2019年5月25日(土)はれ kazu、ikuko  シロヤシオ目的で出かける。写真は、石棚山稜からツツジ新道との合流点あたりの展望と石棚山稜1450m付近のシロヤシオ。  西丹沢ビジターセンターの情報でもう見頃かなと見当をつけてこの日を選んだ。駐車場についてびっくり。朝の6時半前でもうVC.前の空き地は果てしなく満杯状態。初めてウエルキャンプ場の駐車場を借りた。(@600円)  だが…

続きを読む