上越 吾妻耶山

2019年3月14日(木)くもり
L.kazu、ikuko
画像
 吾妻耶山展望地からは目の前に阿能川岳が座る。その奥の谷川方面は雲に隠れていた。
 きょうは三国山を予定していたが、前日に通った際、駐車場が工事のため使用できないことがわかり、急きょ、宿泊先でパソコンを使って、候補にあげていたという吾妻耶山のルートを引いてGPSに入れた。
 その山は私が山をやり始めた40年以上も前に、同じ時期に2回も敗退していた。最初は今は亡き先輩とラッセルに苦労し、時間切れ。2回目はルートがわからず引き返した。つぎの秋には大峰山まで歩くことができたが、もちろん記憶は遠い彼方へ。なので、想いだけは感傷的になった。帰宅後調べたら当時は水上駅から歩いたのだった。おぉ懐かしい。
 最近のuconさんの記録を読み返して、今はGPSがあるのでナントカ行かれるだろうと思っていた。だが、昨日の積雪によりトレースは消えており、ルートの引き方が甘かったこともあり、uconさんが歩いた尾根を読めず、かなり急斜面を攀じることになった。アイゼンを履いて立木に掴まったり雪面に指バイルで支えながらの、まさしく両手両足を使っての登高になった。またしても思い出深い山になった。

猿ヶ京温泉宿泊地9:30ー仏岩ポケットパークP.10:00~15-仏岩11:05-吾妻耶山展望地13:30~14:00ー駐車場15:10
画像
          緑線の参考ルートはuconさんの記録を参考に引きました

画像
宿泊先のホテル5階窓から望む赤谷湖。その源の赤谷川本谷は沢登りをする人なら憧れの的。その他の谷川南面からの支流を集めてこの湖に集まる。なかなかこの景色は望めないのでラッキーだった。

画像
          ゆっくりと朝食を済ませて仏岩ポケットパーク駐車場へ~きのうの降雪で真っ白
画像
                    入山する
画像
                    根開きが春の雰囲気
画像
                    新雪がふわふわ~スノーシューをつける
画像

画像

画像
                    仏岩が大きい
画像
                    目指す吾妻耶山が見えてきた
画像
                    樹影が美しい
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像
                    アイゼンに替えて急斜面を上がる
画像
                    標高1322mの三角点近く~北側のルンゼを上がる
画像

画像
                    やがて台地に出れば目的地の近いことがわかる
画像

画像
          大峰山からのきょうのものと思われるトレースが合流する~きっともう下山しただろう
画像
                    吾妻耶山へ
画像

画像

画像

画像
                    戻りましょう
画像
                    急斜面は慎重に、あとはタッタカと下って仏岩に到着
画像
                    駐車場の雪は消えていた~楽しかったね♪




                         沢風に誘われて~ホーム




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント