丹沢 霧氷の大山~屏風尾根

2019年2月10日(日)はれ
ikuko 他1名
画像
 唐沢峠への分岐近くから大山を望む。まるで雪の花が咲いて溢れているようだった。これが霧の昇華によるものだそうで、その厳しい冷え込みを想像した。この白い世界は標高1050m付近から標高差200m、直線にして900mくらいに渡り、見るものを喜ばせた。
 前日は首都圏でも降雪があり、北海道の陸別では最低気温が記録的な-31.8℃になった。茅ヶ崎でも寒さに震えたが、雪予報ほどには積雪はなく拍子抜けするほどだった。丹沢に降雪はあったかしらん?大山はどうだろうと出かけた。走行中の車中から大山を見るとうっすらと薄化粧。近づけば頂上付近に霧氷がついているようだ。それだけを楽しもうと歩き始める。下りは久しぶりに屏風尾根を下降した。以前にはなかったレールが敷かれ、それを辿れば楽ちんだった。一人で初めてここを下降した時の高揚感を思い出し、やはり苦労して地形を読みながら歩くほうが面白いと感じた。

   日向駐車場8:00-見晴台9:05~15ー大山10:50~11:40-989m峰12:05-屏風尾根ー駐車場13:05
画像


画像
                     見晴台
画像
                     ようやく1050m付近から現れる
画像

画像
                     大山こま参道が見える~奥は相模湾
画像
                     大山の肩付近から見える裸地をズームアップ
画像

画像

画像

画像

画像
                     霧氷の短冊がカラカラと音を立てて落下する
画像

画像

画像

画像
                     いつもの山頂北側展望地
画像
          富士山は全く見えなくなり、その右手に白い赤石、聖方面がかすかに見えた
画像
           989m峰から右に折れて下る~高圧線の塔が目印になり、概ねこれを目安に辿る
画像
                     冒頭に書いたレール
画像
                     どなたでしょう??
画像
                     レールがないと、平たい感じで意外と難しい尾根だ
画像
                     モミの大木が随所に現れる
画像
           トロッコ?の格納庫のようだ~キャンプ場の道を辿れば駐車場はもうすぐ



                         2013年屏風尾根下降時の記録  


                          沢風に誘われて~ホーム



        

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント