守門大岳 山スキー

2016年4月2日(土)はれ
kazu、ikuko
画像
守門大岳頂上から守門岳方面を見納めて、滑降の準備をする。
今回は、かねてより気になっていた守門大岳と、浅草岳の春スキーを2日間にわたって楽しんできた。両方の山とも天気に恵まれて、好きな山域の展望をほしいまますることができて幸運だった。
 神奈川からここまで足を延ばせば、残雪は心配ないだろうと思いきや、ここでもかなり少ないようだった。都合で予定より一週間遅れたので、その時に比べるとかなり雪解けは進んでいるようだった。
 標高差1000m余りあるため、私にはきついと思っていたので往復を計画した。思いのほか早く着いたので、お隣の中津又岳を回れば良かったと、ちょっと後悔した。雪庇で有名な守門岳なので、頂上は風が強かった。大岳の雪庇は中津又岳側に下れば、見られたのでは、と気づいても後の祭りだった。それに、登ってきた西尾根の滑降は、春の雪に多くの踏み跡やシュプールが深く刻まれて滑りにくかった。それでも頂上からは飯豊の白屏風が霞んではいるが見えたのは嬉しかった。

【4/1】関越道・大和PA.車中泊
【4/2】二分地域・除雪地点P.6:45-保久礼小屋9:00-守門大岳11:35~12:05-昼タイム(避難小屋付近)12:30~50-林道・コーヒータイム13:45~14:05-除雪地点P.14:45
画像
          ㊟の場所は急斜面のためか雪が消えていて、板を外して登りました。

画像
除雪地点からシールを付けて歩く~10分程で大岳方面と思われる穏やかな山容が望まれる~きょうの晴れ予報に朝の大気が気持ち良い~先行者の単独の方はツボ足で歩いている~

画像
あらら・・雪が切れている(㊟の場所)~ブッシュに掴まりながら上がる~私は奥の土斜面を上がったらステップが刻まれていた~

画像
長峰付近からは右手に越後三山方面が見え、その八海山の奥は巻機方面かな~頂上からの展望が楽しみだ~

画像
          標高750m付近からは大岳と中津又岳の稜線が大きく見えた~

画像
後から来て追い抜いて行った年配のグループは長靴を履いておしゃべりしながら、タッタカと歩いて行く~元気だなぁ~

画像
          気持ちの良い緩やかな台地状の尾根が続く~

画像
          保久礼小屋へは下りになる~

画像
          季節外れのように雪の帽子がない保久礼小屋を振り返る・・

画像ここはH800m付近のブナ林~大気が変わったように感じてしまう~

 「・・戦後は『ブナ退治』とさえ呼ばれて多くが伐採された。だが、自然保護の機運が高まるにつれ評価は劇的に変わり、豊かな自然の象徴と見なされるようになった。・・ブナの実はドングリとしては珍しく生のままで食べられる。熊などの野生動物の貴重な餌でもある。・・」(朝日新聞)その記事には「世界ブナサミット」との出会いから「坪田和人」さんは「ブナの山旅」という書籍を著した、とある。「家が一軒建つほど」の費用をつぎ込んで通った日本中のブナ林~私もその本を持っていて、それを開けば圧倒されるほどの情報量だ~これほどの情熱を傾けたくなる気持ちはよくわかる~さらには、白神山地のブナ林が世界遺産に指定されるまでには、多くの人たちの尽力があったことだろう~そして、私たちはそのブナ林に何とも言えない気持ちをもらうことができるのだ~感謝である~

 「ブナの巨木は山奥にある。」「社長時代は真っ白だった髪に最近、黒いものが混じってきた。ブナのおかげだと、坪田は思っている。」(前出と同じ朝日新聞の記事から)


画像
          休憩しましょう~振り返って見上げるとヤドリギ類が寄生している~アラマ・・

画像
気持ちいいなぁ~どんどんkazuさんと離されるケド・・この先の避難小屋で休憩していた人に話を聞く~朝5時ごろ出て大岳から袴岳を目指したが強風なので諦めて下山する、と言っていた~

画像
        右手の奥には双耳に見える越後駒ヶ岳の左肩に中ノ岳の白い丸みが見えてきた~

画像
そして、大岳の奥に袴岳方面の雪庇が見え始めた~大岳の南西尾根だろうか、コウクルミ沢源頭付近からきれいなシュプールが描かれている~下部のスノーブリッジが残っていれば滑ってみたい尾根だ~

画像
          左手には中津又岳が手招きするようだ~

画像
          ようやく頂上へ~主峰と言われる袴岳への稜線の奥に守門黒姫山が望める~

画像
          そして、左手には川内山塊の奥に飯豊連峰が霞む~

画像
中津又岳の雪庇を持った稜線~きょうのトレースは確認できない~奥には粟ヶ岳が座る~山座同定の後は、風が強いので下ってから昼休憩にしようと話す~後から来た人はぐるりの展望をパノラマ撮影しているようだった~

画像
          直下は気持ちの良い大斜面~

画像
           

画像
          土曜日と言うこともあって、山頂を目指している人が思いのほか多く登っていく~

画像
          kazuさんはあっという間に行っちゃったわ~奥は水平線?地平線?日本海だよね?
          
画像
          重雪だけど気持ちいいよ~♪

画像
          避難小屋が見えるあたりで昼休憩にする♪

画像
          ブナ林を走るのは心が洗われるようだ~

画像
  雪がなかった場所は避けて、左奥の白い台地に抜けよう、と話す~かなり雪道が荒れて滑りづらい~

画像
          保久礼小屋からの登り返しは板を外す~しんどいな~

画像
            檜の樹林を抜けて~         

画像
          林道に出るあたりのこの先でコーヒータイムにしましょう♪

画像
上から見えた台地を歩く~後ろから若者がやってきて左手の下りを探しているが、やはり雪は切れているようで戻ってくる~ 

画像
          あ~でもいいなぁ~来し方をこの静かな里山から眺めるのもね~

画像画像
          短い板では歩くのがつらい~ちょっとショートカットして石垣から降りる~ 

画像
          雪解けの水音が高く響くもと来た橋を渡れば~

画像
          駐車場は近い~ 




                         沢風に誘われて~ホーム





            

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント