富士山 小富士 山スキー 

2015年2月25日(水)小雪のち曇り・ガス
kazu、ikuko
画像
昼休憩のあと林から出ると、ガスが切れてちょうど青空が垣間見えた。ここは標高1905.6m近くの稜線。茅ヶ崎からも見える小富士の三角お山の斜面だ。私にも懸案の山だったので、ここまで来られてうれしい。
きょうは、kazuさんが行きたいというので一緒に出かけた。いつもより長丁場になりそうなので、行かれるところまで、と話していた。しかし、全体的に傾斜がきつくないこともあり、私でも歩き通せることができた。だが、思いのほか雪が少ないため予定の南東の尾根コースには取り付けず、登りでも下りでも沢状を渡る場面があり、苦労した。先日の陽気は5月や3月並みの気温だったというから、一気に解けたのかもしれない。

「ふじあざみライン」通行止め地点7:35-旧馬返し8:45-「狩休」バス停10:15-H1870m付近・昼食タイム12:10~40-小富士13:00~25-コーヒータイム14:20~35-駐車場15:05
画像
「ふじあざみライン」は全面通行止めになっています。下部は雪が少なくゲートが半分だったので通過しましたが、その先は積雪や凍結もあります。行かれる場合はご注意ください。

画像
         鍵のかかったゲート前に駐車して出発~その北側を回り込んで沢状を歩く~

画像
         20分程ツボ足で歩いてからスキー板をつける~

画像
         窪地を歩く~

画像
         あざみラインに出ると、シュプールが多い~

画像
         馬返しの手前で土砂崩れがある~雪崩によるものだろうか~

画像
         山道に入って夏道を探したが沢状に雪がなく、このあとは車道に出る~      

画像
          車道からまた山道に入る~

画像
         この奥の沢状を渡って尾根に上がったり~

画像
         また車道に出てバス停を過ぎる~このままだと予定の尾根から離れるので~

画像
         山道に入ると~美しい樹林に迎えられる~

画像
         所々に赤テがある~

画像
         H1750m付近で沢を渡るべく斜面を下る~

画像
H1800m付近から右手に、歩く予定にしていた小富士の尾根が見える~うれしいな~でもその背中は雪が少なく、土が見えている~
画像
私たちが辿っている尾根筋と小富士との間には深い谷がある~でもここを詰めれば、その尾根と合うことがわかっているので楽しみだ~それももうすぐ~

画像
         その先を進む~

画像
H1900mあたりの源頭に出る~霧氷がきれいだけど~あたりはガスで覆われてしまい、風も冷たくなってきたので林の中に戻り、昼食タイムをとることにする~

画像
         腰を上げると~ラッキーなことに雲が流れていく~
画像
         霧氷も映える~
画像
         ふりかえると・・・

画像
         小富士の尾根と合流し、樹林帯に入る~

画像
         それを抜けると~雪原が広がる~

画像
そして、小富士に近づくと~富士山頂が、まるで薄紙をはがすかのようにして立ち現れる~歓声を上げずにいられない~
画像
         小富士山頂に立つkazuさん~

画像
         さぁ~シールはずして滑るよ~

画像
樹林を抜けて北東の大斜面を滑る~その快適さに大喜び~ちょっとクラストして表面はカリカリだけどね~その二人のシュプールを振り返る~そのまま滑って行くのがもったいないからね~ちょっと一息~

画像
         気持ちいいね~

画像
         先行するkazuさんはあっという間に小さくなる~

画像
         追いかけましょう~ 

画像
         

画像
         回り込みすぎたのでトラバースして軌道修正する~ 

画像
     快適な滑降はここまで~20分くらいかな~この先の下部は谷(地形図では「雨裂」)になるので~

画像
         手前の沢状を越える~H1580mあたり~
画像
 
画像
         登ると~デブリがあった~この沢の雪崩の跡だろうか~

画像
         その沢沿いの尾根を下る~

画像
         もう「根開き」が始まっているよ~

画像
         コーヒータイムのあとは~ただひたすら樹間やヤブを縫って滑ったり転んだり~

画像
         馬返し近くの土砂崩れのあたりに来た~行きに見た場所の山側だ~

画像
         先ほどの場所を抜けると、車道に出てホッとする~

画像
         緩んだ雪道は滑りやすい~直滑降でこのまま滑るだけ~

画像
         最後は少ない雪を拾っていくので板はガタガタ・・



ネットでの今季の山スキー記録は少ないようだが、山の中でもシュプールを見かけた。板を履いて歩く私の場合、今回のように時期によってはルート取りが難しい。「山で安全に遊ぶ」というスタンスなので、結果的に今回は楽しむことができた。また、地形図とコンパスだけでは今回のようにガスがかかると、とても歩いたり滑ったりは無理だ。GPSの威力で行動することができたが、それも過信することなく、今後も計画とルート取りはしっかりと行いたいと思った。


                           沢風に誘われて~ホーム


     

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント