安達太良山・山スキー

2014年4月3日(木・薄曇りのちガス)
ikuko、kazu
画像
苦しい登りに耐えると目の前には安達太良山の頂上からその連なりが特異な線を描いて現れた~
きのうは、はるばると吾妻連峰まで出かけたので、きょうはその近くの安達太良山で楽しもうとやってきた~あだたら高原スキー場は休止しておりリフトは使えない~午後からは天気が崩れそうだ~なので早い出発とした~それでも下降するときはガスがかかり、そのことで不安にもなるし、滑る楽しみさえ半減するのだった~
しかし、しきりに思い出されることがあった~それは山スキーを始めた70年代後半の1月に塩沢温泉から登り、雪まみれになって転がるように滑ったことだ~感傷なのか~その当時の自分や山仲間、そして安達太良の斜面が愛おしく感じられるのだった~

あだたら高原スキー場P.6:15ーリフトトップ8:10-頂上直下9:50~10:15-リフトトップ10:40-五葉松平付近11:05-駐車場11:25
画像


画像
前日はトイレのこともあり道の駅に泊まったが、休止中になっているあだたら高原スキー場のトイレは解放されていた~登山者も多い?のだろうか~初めは登山道を進む~

画像
       途中から、誰もいないゲレンデを登らせてもらう~

画像
       急斜面に喘ぐ~

画像
       右手の勢至平の奥に吾妻小富士と思われる山容が臨めた~

画像
       リフトトップを過ぎ山に入ると~安達太良山特有の乳首が見えた~

画像
          青空に誘われるようにふと見上げると、飛行機雲の競演があった~

画像
       そして~安達太良連峰の見渡せる場所に近づいた~

画像
       松ぼっくりがいっぱい~

画像
トップ写真近くにて~左手は和尚山だと思う~若かりし頃、いまは亡き友と、その山から縦走したことを思い出す~

画像
       頂上直下の白い斜面を行く~

画像
私はようやくの思いで到着する~しかし、ガスが出てきたので急ぎシールを外して、昼食も兼ねて準備する~

画像
滑り始めは、笹竹のポールが何本か続けて立ててあるのを利用する~あたりは白い靄のような世界なので助かる~

画像


画像
小さなアップダウンがあり、私にはつらい~後でわかったが烏川源頭も良さそうだ~前調べをあまりしなかったし、ガスのため来た道を戻る~

画像
       スキー場が見える~このあたりから~

画像
       五葉松平付近はイイ感じ~

画像
踏みあとでボコボコになった登山道に出ると2人のパーティーに会う~そこは滑りにくかったが、すぐにゲレンデに出た~

画像
静かなゲレンデを一気に滑って戻る~車に着くと雨がぱらついてきた~帰り道は大雨に近かった~


                             西吾妻山・山スキー


                           沢風に誘われて~ホーム


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント