花咲き始めに出会える~湘南平

2021年4月16日(金)はれ          【5日~16日】 ikuko  トップ画像は大好きなカマツカ花の咲き始め。丹沢で見たその可憐な花びらに埋め尽くされた光景は忘れがたい。(その記事リンク) 週に4日程度歩くようになり、この季節に咲き始めの花に会えるのが嬉しい。  今は24節気の「清明」のころ。(すべてのものが清らかで生き生きとするころのこと。文・白井明大)マスクをして歩か…

続きを読む

若青葉の輝くころ~湘南平

2021年4月2日(金)はれ          【3月22日~4月2日】 ikuko  「桜月」も過ぎ、4月は卯月に入った。きょうも歩けば日毎にその葉の膨らむのがわかり、それが陽に輝いて春風にゆらゆらしている。浅緑のシャワーを浴びて深呼吸する。  この頃は希少種の場所を教えてもらい探索しながら歩くのも楽しくなってきた。ところが、ある希少種がナラ枯れ伐採木の下敷きになったのを見つけた。作業員…

続きを読む

城山湖~城山カタクリの里

2021年4月1日(木)はれ ikuko 他1名  トップ画像は黄花カタクリ。  カタクリ群生地がニュースで流れ、珍しく夫が行ってみようと言うので、近場の「城山カタクリの里」に行ってみた。城山湖を散策してから目的地に向かう。結果、30万株と言われるカタクリは数株を残して終わっていた。1週間前が満開だったようだ。夏日もあったこの頃の陽気にその成長はスピードを増したのだろう。ちょっとがっかり。…

続きを読む

コブシ咲く夢虫飛んで春が来た~湘南平

2021年3月19日(金)はれ          【3月9日~19日】 ikuko  トップ画像は花水広場のコブシの花。  「蝶のことを昔の人は「夢虫」や「夢見鳥」と呼んでいた。荘子の「胡蝶の夢」に由来するそうだ。蝶になる夢を見たけれど本当の私は蝶で、いま人間になっている夢を見ているだけではないか、という話。」(「日本の七十二候を楽しむ・白井明大」から)  へぇ~そうなんだ、嬉しいな、ち…

続きを読む

目がまわりそうな三寒四温~湘南平は春浅し

2021年2月19日(金)はれ          【2月2日~19日】 ikuko  2月はお目当てが少ないが、それでも白梅にメジロが来ればカメラを向けるのが忙しい。そして、その白梅の香りが馥郁とあたりに漂うそれを身に纏うかのようでゆったりとした気分にもさせてくれる。さらには他の野鳥の囀りも微笑ましくその樹間や空を見上げては追いかけている。  この頃はまるでジェットコースターにでも乗ってい…

続きを読む

葉痕探しに余念なく~湘南平

2021年1月22日(金)          【15日~22日】 ikuko  タイトルとトップ画像が合わないんだけどご容赦を。  画像はモクレイシ果実。たわわにつけられ果皮を脱いで鮮やかな仮種子を見せているのがこの季節に目をひく。こんなにたくさんの果実をつけた木は初めて見た。思えばここで初めてその名を知ったのは8年近く前。ここが北限で有名ですよ、とその木を探している人に出会った。(その頃…

続きを読む

綿毛をつける野草~紅蓮の紅葉は見おさめに~湘南平から

12月22日(火)はれ          【12月12日~22日】 ikuko  ベートーヴェンの交響曲「第九」が聴覚障害であった彼の心の中で響いていたように、私の胸の中でもその「第四楽章」がこだまして広がった気がした。折しも今年の12月は彼の生誕250周年だという。  ここは18日の女坂男坂合流点。今年はあたり年なんだろうか。とても華やいで見える。昨年はそれほどでもなかったと聞いた。樹下…

続きを読む

華やかな賑わいと静かさが同居する~湘南平

2020年12月10日(木)         【11月27日~12月10日】 ikuko  稜線の坂道に立つイロハモミジの樹下に入り撮るが、その光が織りなす色合いをうまく捉えることができない。見た目はほんとに美しく輝くばかりなのに。  12月に入った。7日は24節気の「大雪」だったが真冬と言う感じはしない。それでも冬枯れの様相が増してきた湘南平にも紅葉の季節が訪れている。しばし眺めていると…

続きを読む

季節は移ろい晩秋に~湘南平から

2020年11月24日(火)        【11月6日~24日】 ikuko  晩秋とは言っても夏日と思われる日もあり、アゲハが舞ってその遅い記録を更新している。そんな中でも地獄沢コースに入れば山茶花ロードの開花が始まっていた。昨年のこの季節には歩けなかったことを思えば、とても明るく見えて新鮮、かつ感慨深かった。  毎年の繰り返しながら、季節を告げる生きものたちの暦を届けます。 …

続きを読む

ブナに会いたくて~畦ヶ丸

2020年11月4日(水)はれ ikuko、他1名  標高1150m付近のブナ。  ブナに会いたいなぁ~という思いが日に日につのって来た。どこかでやはり我慢していたのか。無理せず足の様子を見ようと、歩きなれた畦ヶ丸一般ルート往復を選んで出かけた。その黄葉を期待したのだが思いのほか裸木になっていた。急に決めたので特に調べもしなかった。他に候補もあったがアプローチで決めたのだった。  きょう…

続きを読む

湘南平はヤマトシジミの宝庫

2020年11月2日(月)はれ      【10月20日~11月2日】 ikuko  ヤマトシジミの表翅が最近美しい、と感じる。その数は特に頂上付近に多く、歩く先先で私の足にまとわりつくかのようにして忙しそうに翅を動かしている。ヤマトか・・と今までいい加減に見ていたこともあり差別しちゃっていたのかも。反省。  秋の蝶はあいかわらずテリトリー争いや吸蜜に余念がなく、それらを横目で見ながらヤマ…

続きを読む

短い秋は早くも深まり~湘南平

2020年10月18日(火)          【10月5日~18日】 ikuko  昨日の冷たい雨は富士山では雪化粧となり、帽子を被っている。車での走行中に気づき胸透いた。季節は確実に進んでいる。撮影は頂上から。  2枚目画像は5日の大山方面。いつものように頂上に車を置いて歩き始めたら北側の白いガスに気づいた。そういえばテレビの天気予報で「秋は霧の季節」と言っていたっけ。画像は見た目のよ…

続きを読む

湘南平にミドリヒョウモン!

2020年9月22日(火)秋分の日・晴れ時々曇り     【9月1日~22日】 ikuko  表題のように17日に頂上近くのオトコエシにキタテハ目的で行ってみたら、ちょうど吸蜜に来ていたミドリヒョウモンに遭った。それも2頭。びっくりだ。夢中でカメラを向けた。ちょっと翅が傷んでいる。高原で見てきたので、湘南平とは違う世界に私をいざなってくれた気がした。  ここに生息しているかはわからないが上…

続きを読む

入笠湿原~蝶に遭いに行く

2020年9月2日(水)晴れのちガス ikuko、kazu   (追加しました。最後に5日「天声人語」を載せ、想いを書きました。)  入笠湿原は花と蝶の宝庫と言われ、昨年は蝶仲間が出かけて美しい画像を送ってくれて私も行きたいと思っていたが、今年の酷暑に二の足を踏んでいた。9月に入り気持ちが落ち着き、湿原の標高は1700m余りだよなぁ・・と急に思い立って出かけることにした。  そして!目的の…

続きを読む