富士山御殿庭下

2021年4月10日(土)くもりのち小霰(寒っ!)
ikuko 他1名
 トップ画像は小天狗塚を過ぎたあたり。落葉松林に思いもよらず霧氷がついて胸を突かれた。
 やっぱり山に行きたい。浸りたい。足の様子を見ながら歩いてみよう。そんな思いから富士山の麓の樹林帯を選び出かけた。前日は上空に寒波が来ていたらしく、茅ヶ崎で降った雨は富士山には降雪をもたらしたらしい。アプローチから見た富士山のお腹のあたりに新雪らしい白い筋が見えていた。それも水ヶ塚の駐車場に来ると、山頂方面は白いガスに覆われて全く見えない状態に変わっていた。二つ塚さえ雲の中だった。きょうの展望は無理かなぁ。
 目的地は御殿庭上。晴れていれば抜け落ちた天井のもとにスカッと宝永山、宝永火口や頂上方面が見える。ルートは周回にしようとこれも展望の期待できる小天狗塚経由としたが、やはり登りではまったく展望は得られず、目的地に行く前に膝の調子が悪くなったこともあり、途中から下山することにした。それでも、歩く人は少なく、冷え込んだ大気に前日に降った霰が白く道を染めて、まるで雪山気分。無雪期には初めて歩くためか、様々な光景を見せてくれるさまに興味はつきなかった。特にあたりの斜面に累々と横たわって眠る倒木は黄緑色の苔を纏い、その苔の世界が醸す光景は心に残った。いにしえに思いを馳せたり、そのしっとり感を堪能したりしたものだ。歩きながらも振り返り、しばらくうっとりしていたためカメラを出すのを忘れたほど。また、コメツガと思われる樹林帯に北八ヶ岳を思い出し、岳樺やブナ、そして御殿庭に広がる落葉松林も好ましく思いのほか多様な表情を楽しむことができた。
RIMG6130.jpg

水ヶ塚駐車場(標高1450m)8:00-南山休憩所9:05~20-三辻10:30-御殿庭下(標高1980m)11:30~12:10ー駐車場13:45
210410水ケ塚~御殿庭下軌跡.jpg

歩き始めると~ややッ昨日は霰が降ったんだぁ
RIMG6108.jpg

歩きにくい石炭がらのような石ころを踏みながら緩傾斜の道を行く
RIMG6110.jpg

なつかしい南山休憩所は椅子がひしゃげていた
RIMG6114.jpg

同じような道が続く
RIMG6115.jpg

落葉松林が現れる
RIMG6116.jpg

芽ぶきはまだまだのようす
RIMG6117.jpg
RIMG6118.jpg

三辻あたりでようやく右手に上塚と思われる山容が望めた
RIMG6119.jpg

小天狗塚方面に向かう
RIMG6121.jpg

スキー滑走したことのある小天狗塚を左手に見る~その時を思い出しナンダカ嬉しい
RIMG6124.jpg

そして、トップ画像の霧氷に会った
RIMG6127.jpg

展望望めないので御殿入口から庭下に向かう道はコメツガの緑にホッとする
RIMG6131.jpg

庭下に到着~ここで餃子野菜スープを作って温まった~延ばした足が冷える、寒い寒いと思ったら、霰が舞って来た~体感は0℃くらい
RIMG6133.jpg

下りの道は白くなり私たちを喜ばせた~所々残雪に踏み跡が凍っていて要注意
RIMG6135.jpg

駐車場に到着
RIMG6136.jpg

二つ塚は見えたが山頂方面は相変わらずガスの中だった
RIMG6137.jpg


            御殿庭上の画像・13/03/03宝永火口記事
           14/3/16小天狗塚スキー滑走記事
          
             沢風に誘われて~ホーム




この記事へのコメント