若青葉の輝くころ~湘南平

2021年4月2日(金)はれ          【3月22日~4月2日】
ikuko
 「桜月」も過ぎ、4月は卯月に入った。きょうも歩けば日毎にその葉の膨らむのがわかり、それが陽に輝いて春風にゆらゆらしている。浅緑のシャワーを浴びて深呼吸する。
 この頃は希少種の場所を教えてもらい探索しながら歩くのも楽しくなってきた。ところが、ある希少種がナラ枯れ伐採木の下敷きになったのを見つけた。作業員に聞くと、それがあるのを知っていてやったらしく、それなりに作業上の理由があったかもしれないが、少し置き場所をずらしてくれたらと、そのデリカシーのなさに唖然とした。その時は「気をつけてくださいね」と言うのがせいいっぱいだった。私と同じように楽しみにしていた人たちがあたりを探しているのを見るにつけ憤懣やるかたなかった。平塚市に問い合わせ、伐採木はそのまま放置されることを知る。
 その希少種の地下茎がのびて他の場所でまた生き延びてくれることを信じたい。そうだね。人間より、人間以外の自然の方がよっぽどしたたかで生きるすべを知っていて強いんだもの。人間中心に考えているとしっぺ返しが来るのは自明の理だ。湘南平頂上も丸刈りにされてしまい、展望のためと言うが、生き物は人間だけですか?昆虫の卵、幼虫、蛹はどうなったかしらん?少なからず「処分」されたんだろうな。蝶の舞うのが少ない気がするよ。
 oh~明るい季節を前についついクレーマーになってしまった。気持ち切り替えましょう。

RIMG6041.jpg

          【3月22日】
花水広場のコブシ咲く
DSCN1093.jpg
RIMG5874.jpg

山桜花びらが散り敷かれる
DSCN1105.jpg

桃の花と教えてもらったが、ハナモモ?~頂上にて
RIMG5885.jpg

善兵衛さんに教えてもらった~よく見つけるなぁ
DSCN1116.jpg

いたるところにあるニワトコが花をつける
RIMG5899.jpg

思わぬ場所を教えてもらいヒトリシズカの蕾を初めて見る~ナンダカ感動した
DSCN1140.jpg

          【3月24日】
ムラサキケマンは多いがこのキケマンは少ない
DSCN1150.jpg

林に来ればヤマザクラ~お話ししているような・・
DSCN1179.jpg

中空にとまらんとする落花かな   中村汀女

ピンボケゴメン~折からの風に吹かれて舞っている
DSCN1169.jpg

ナツグミかなぁ
DSCN1175.jpg

          【3月25日】
ハンショウヅル花芽が出てきた
RIMG5906.jpg

珍しく笹の花を見る~地下茎の強い笹は40~60年芽吹いた場所で株を大きくしていき、この場所が限界だと察した時に次の新しい場所で生きていけるように種を残すために花を咲かせると言う~種を残した後は一斉に枯れるそうだ
RIMG5911.jpg

          【3月26日】
ヤブニンジン
RIMG5915.jpg

北側地獄沢ルートにもヤマブキソウは飾られる
RIMG5917.jpg

          【3月29日】
大きくなってきたね
RIMG5939.jpg

オオバウマノスズクサも形になって来た
RIMG5947.jpg

          【3月30日】
久しぶりにクロコノマチョウを見る
DSCN1226.jpg

ようやくアオキ雌花の咲き出したのを見つける
RIMG5959.jpg

ウワミズザクラ東天照に咲く
RIMG5961.jpg

サルトリイバラ
RIMG5977.jpg

ホウチャクソウ
DSCN1236.jpg

          【4月2日】
ニリンソウ群生地に行く
RIMG6025.jpg
DSCN1264.jpg
DSCN1268.jpg
DSCN1270.jpg
DSCN1265.jpg
DSCN1266.jpg

群生の中にタネツケバナ
DSCN1267.jpg

浅間山にてルリタテハ
DSCN1288.jpg

アゲハは3月15日に同じ浅間山で初認したがようやく撮らせてもらえた~ヒオドシチョウに追いかけられている~午後の暖かな日には他にも蝶が来るらしいが私は午前中なのでお会いできない
DSCN1299.jpg





          沢風に誘われて~ホーム



       

この記事へのコメント