目がまわりそうな三寒四温~湘南平は春浅し

2021年2月19日(金)はれ          【2月2日~19日】
ikuko
 2月はお目当てが少ないが、それでも白梅にメジロが来ればカメラを向けるのが忙しい。そして、その白梅の香りが馥郁とあたりに漂うそれを身に纏うかのようでゆったりとした気分にもさせてくれる。さらには他の野鳥の囀りも微笑ましくその樹間や空を見上げては追いかけている。
 この頃はまるでジェットコースターにでも乗っているような天候の変化が目まぐるしい。暖かいと思ったら冴えかえる日が戻ったりする。また南からの強風も悩ましい。そうやって春を迎える準備をしているんだね。
 2日の節分から間を置いて花芽の開き始めた湘南平から伝えます。

DSCN0715.jpg

          【2日】
最近ツグミを覚えた~冬鳥と知った~珍しくカツラの林で樹間を移動していた
DSCN0446.jpg

頂上ではきょうもメジロが賑わう~ナンダカ争っている場面もあり、状況は違うけど仲良く「目白押し」のイメージがあったのでびっくり~考えてみたら生きていくうえでは当たり前にあることだよね、きっと
DSCN0458.jpg

そして河津桜でお食事
DSCN0476.jpg

ムム・・ひょうきんなお顔、と思ったら~虫をくわえていたのか?
DSCN0481.jpg

可愛いことよ
DSCN0489.jpg
DSCN0506.jpg
DSCN0507.jpg

          【4日】
頂上のスズメたち~強風にもめげずにお食事中
DSCN0496.jpg

相模湾には白波が立つ
DSCN0497.jpg

          【5日】
ムラキツバメは神社近くを舞う~嬉しい出会い~越冬蝶
DSCN0516.jpg

白い椿はここでは珍しい
RIMG5539.jpg

          【9日】
高田公園に行く途中、頂上で出会った梅の木にとまる野鳥を後日アオジ、と野鳥に詳しい常連さんに教えてもらった~図鑑やサイトで探してもわからないんだよね~すぐにわかるってどうよ・・大したたまげた
DSCN0574.jpg

帰りに見渡せば~きょうは穏やか
DSCN0604.jpg

          【12日】
ヤブラン平の河津桜にも賑やかな鳴き声~キレンジャク狙いのカメラマンが数人、陣取って連写している~まだ目的の鳥は来ないが、桜と一緒の画になる構図で撮りたいらしい
DSCN0653.jpg
DSCN0678.jpg

ヒヨドリがピーヨピーヨと鳴いている
DSCN0662.jpg

          【16日】
モクレイシ雄花が咲いた
DSCN0671.jpg

これだけ咲かせる木を他に私は知らない
DSCN0673.jpg
RIMG5628.jpg

オニシバリの花数も増えた
RIMG5633.jpg

首を傾けたしぐさが可愛いツグミ~頂上にて
DSCN0684.jpg

          【18日】
ヤブラン平にジョウビタキ~翼に白斑があるので覚えられた
DSCN0690.jpg

ヤヤ・・!ヤマトシジミだ~越冬したのか?弱弱しかった
DSCN0694.jpg

これもわからず教えていただいた~モズのメスだそうだ~私はその見える角度により微妙にわからないが、昨年の12月に同じ頂上で見ていたんだわ~モズのはやにえ(早贄)を見たことあるよ
DSCN0695.jpg
DSCN0699.jpg

そして、白梅の満開を知ってか訪れるメジロ
DSCN0708.jpg
DSCN0709.jpg
DSCN0702.jpg
DSCN0720.jpg

          【19日】
地獄沢コースを歩けばユリワサビが咲き始めていた
RIMG5643.jpg
RIMG5649.jpg

ヨゴレネコノメの赤い葯がちらっと見えたよ~近くではヤマネコノメソウが開き始め、その黄色い花粉を見せていた~春うらら・・が近づいているのを感じる
RIMG5648.jpg




          沢風に誘われて~ホーム




この記事へのコメント