那須 阿武隈川南沢(途中のF4で脱渓)

2019年9月18日(水)くもりのち小雨
L.ucon、みかん、popo、ikuko
 南沢のF1を登るリーダーのuconさん。のっけからシャワー覚悟の登攀。途中、ビレー点はない。ロープを引いてくれた。
 きょうは山NETの募集に参加した。自分には厳しいレベルの沢だろうと想定した。滝は手強いものが多いと言う。以前、甲子山の東南の尾根をはさんだ隣の、同じ阿武隈川源流、白水沢(記録)を遡行したことがあり、関心を持っていた。だが私にはやはり厳しく、時間が押してきて降雨もあり、途中の巻きで尾根に上がったことでどこかホッとした。リーダーはとても残念そうだったが、巻きでのロープワーク等々の判断がすばやく学ぶことが多かった。
RIMG2792.jpg

甲子温泉近くP.8:25ーF1・8:55ーF2・9:40ーF3・10:50ーF4・11:15ー巻き上がりで、脱渓を決める12:30頃ー大ヒノキ13:20-登山道14:00~15ー甲子大橋15:05ーP.15:15
190918阿武隈川南沢軌跡.jpg
甲子温泉の大黒屋近くに路駐し、少し戻って甲子大橋の下を歩いて966m地点付近から踏み跡を辿る
RIMG2783.jpg
阿武隈川本谷から
RIMG2785.jpg
南沢出合へ~この先の厳しさは想像できない
RIMG2786.jpg
入渓後10分程で現れたトップのF1
RIMG2790.jpg
シャワーだわさ・・と言ったかどうか・・
RIMG2791.jpg
RIMG2793.jpg
RIMG2794.jpg
RIMG2796.jpg
へっぴり腰の私
DSC00024.jpg
小滝を越えると
P9180921.jpg
F2、10m~まずは巻きを探って
RIMG2798.jpg
ガイドには右壁を登る、とあるが・・
RIMG2803.jpg
巻きましょう
RIMG2804.jpg
RIMG2808.jpg
懸垂下降するリーダー
RIMG2810.jpg
近くにカツラ大木あり、ホーと息をつく・・嬉しいなぁ
RIMG2811.jpg
ここはフリーで下降~向かって左の尾根を越えてきた
RIMG2813.jpg
この滝も入れて
RIMG2818.jpg
F3、3段なのか
RIMG2821.jpg
中段を上がってから
RIMG2823.jpg
チェーンアイゼンを装着して
RIMG2824.jpg
左岸の踏み跡を辿って巻く
RIMG2826.jpg
DSC00064.jpg
F4を見つめるリーダー
RIMG2830.jpg
RIMG2832.jpg
戻って
RIMG2833.jpg
テンニンソウ大群落の中を巻きに入る
RIMG2835.jpg
大高巻きとなる~この間の撮影はできなかった
RIMG2838.jpg
トップに書いたように尾根を上がることにして、後続のために40mロープを引いてあがるリーダー
RIMG2839.jpg
急登が落ち着く標高1200m付近には大ヒノキが立っている~この先にも松やブナなどの大木が目白押しだった
RIMG2840.jpg
DSC00090.jpg
登山道に出る
RIMG2842.jpg
DSC00094.jpg
甲子大橋を渡って
RIMG2843.jpg
駐車場に戻る~オタオタする私をフォローしてくださったリーダー初めメンバーに感謝します☆
RIMG2844.jpg



            沢風に誘われて~ホーム


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント