上越 日白山山スキー(途中まで)

2019年3月13日(水)曇りのち雪
L.kazu、ikuko
画像
 標高1250m付近。最初の急斜面を上がる。それでもあたりは美林になり励まされる。
 きょうはかねてより行きたいと思っていた、クラシックルートとも言えるその一角の日白山に山スキーに出かけた。晴れていればその山頂は、白屏風の谷川連峰を始め、上越の山波の360℃大展望地になるようだ。その中に身を置けたらなぁと思っていた。だが昨年計画の段階で、kazuさんに抜け駆けされてプンプン。今年はもう体力的にも技術的にも行かれないと諦めていたところ、罪滅ぼしのつもりか温泉付きで計画してくれた・・のは良かったが、自己都合で決めた日程は天気予報が悪い。展望の山なんだからね、と言っているのに・・それでも半ば祈るようにして山に入った。案の定、稜線直下の急斜面で白いガスに覆われた。雪面はカリカリで登るのも滑降するのもコワい。これからは天気がさらに崩れてくるのがわかっている。これ以上登るのは私には意味がないと思い、稜線に出る前に踵を返した。
 下山後は猿ヶ京温泉に宿泊。これが大当たりの宿で、ゆったりまったりと過ごし、豆富尽くしに舌鼓を打った。
ありがとね、kazuさん。

          二居P.8:25-標高1450m付近引き返し地点11:35~11:55-二居P.12:55
画像


画像
二居大橋を渡り奥に入ったスペースに車を停めて入る~シールをつけて残雪を拾って初めから板を履いて歩ける
画像

画像
                    周りが開けた場所に出た
画像
    その近くにて~歩き始めて1時間ほどで左手奥に日白山の白い頂を遥かに望むことができた~遠い!
画像
                    雲行きが・・
画像
                    時折青空が見える
画像

画像画像

画像
                    岳樺と落葉松の林相が美しい
画像

画像

画像
                    雲の流れに一喜一憂してしまう
画像
前の画像から50分ほど急登を喘ぐ~撮影する余裕なしだった~クトーが効いてくれてまだ登れそうだったが、冒頭に書いたようにここから下ることにする~シールを外して滑降準備する
画像
                    急斜面のカリカリバーンは斜滑降で踏ん張る
画像
                    ターンができるようになる
画像

画像

画像
                    ヒノキ林が目印になる
画像
                    降雪に見とれる・・
画像

画像

画像

画像

画像
                    おつかれさま~☆



                         沢風に誘われて~ホーム




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント