蝶観察会~横浜その他の緑地公園

2018年12月24日(月・休日)
ikuko 他5~7名
画像
 アオキに集うムラサキツバメの越冬集団。かねてよりメンバーからこのような画像が送られていた。その姿にとても会いたかったので臨時観察会をお願いして、大和市の泉の森で観察を続けているメンバーのNさんに案内してもらった。Nさんの事前資料で11月からの日に日に増していく頭数を知らされた。その期待通りに観察出来て嬉しかったし、初めて見るその習性に生きることの知恵を考えさせられて感慨深かった。
 きょう、24日は平塚の吉沢での観察会だった。この地区は大半が農地や森林で占められていると言う。それでも、ゆるぎの丘では丹沢山塊から大山の展望がのびやかだったり、西には富士山、南東に江の島、三浦半島などの眺望も得られる。野鳥の歌声も聞かれ散策にもうってつけのようだ。
 私が参加できた観察会は蝶の食草を知るメンバーにあれこれ見つけてもらったり、教えてもらったことばかり。それらをまとめてお届けします。

                            【鎌倉広町緑地】
画像
           コナラの小枝にオオミドリシジミ卵~直径1ミリほど~幼虫に孵るとコナラの葉を食す

画像
                     キチジョウソウ

画像
                    セスジツユムシ

画像
                     カラムシの葉にアカタテハ蛹

画像
                     ウラギンシジミ(オス)

画像
                     キタテハ~ツンとお澄まししてかわいい

画像
                     クロコノマ(成虫越冬)の蛹抜け殻はジュズダマについている

画像
                     ムラサキツバメ
画像
                     そのオスが翅を広げた

画像
                     チャバネセセリ

画像
ツリフネソウの果実に触れるとその袋がみるまに筋ごとに湾曲して割れ、タネが飛び出した!面白い!素晴らしい仕組みだ                 

 
                              【泉の森(大和市)】
画像
                     しらかしの池でカワセミのお出迎え

ムラサキツバメ越冬集団は5か所(アオキ、カクレミノ、ヤマグワ、オニドコロ、クヌギ)でそれぞれ数頭から10数頭~計40頭以上見ることができた
画像

画像

画像

画像

画像

画像
                     黄色丸の2か所にいるよ

画像
          フユシャクガの仲間の交尾~メスは翅が退化しているんだって・・

画像
                     ササキリ

画像
                     クヌギカメムシの産卵

画像
         ミズイロオナガシジミ卵~金平糖みたいな刺繍模様のようで美しい~ピンボケごめん

画像
                     ウラギンシジミのメス

画像
                     ヒドリガモだそうだ


                         【寺家ふるさと村(横浜市青葉区)】
画像
          「四季の家」近くに赤い果実が目立つ~アメリカハナミズキだそうだ
画像
                     花芽もついているようだ

画像
     野鳥に詳しいメンバーもいる~エナガだそうだ~動きが速くて、チリリ・・♪と忙しそうに飛び回る

画像
          サンシュユとのこと~春一番に黄色い花を咲かせるそうだ

画像
                     エノキ灌木にアカボシゴマダラの越冬幼虫~すっかり擬態色

画像
                     林に入る

画像
                     足元にサルトリイバラを見つける

画像
           そして、貴重なミズイロオナガシジミ卵~少しへこんだ場所に巧みに産み付けている

画像
             お馴染みオオミドリシジミ卵~コナラの枝を皆で探し続けて回遊さん見つける

画像
ムラサキシキブの冬芽と葉痕~冬芽の形を教えてもらう~芽鱗(がりん)と呼ばれる被いがないので裸芽(らが)といわれる
画像画像
     それに対し、被いのあるものが鱗芽(りんが)ということで、これはホオノキ



                         【ゆるぎの里「きさわ」(平塚市吉沢地区】
画像
「ゆるぎの丘」にて~左端には、写っていないが高松山も見え、伊勢沢ノ頭、檜岳から同角ノ頭、鍋割山を経て塔ノ岳、丹沢山、大山への見慣れたラインは田園風景と相まって気持ちの良い風景をつくっている。(回遊さん撮影)

画像
コナラの「胴吹き」と呼ばれる細い枝に付けられたミズイロオナガシジミの卵~ガラス細工のような美しさ~直径1ミリ程度~発見するとメンバーも大喜び

画像
                    コバネイナゴ

画像
                    ナミテントウ

画像
                    アオツヅラフジ

画像
キバラヘリカメムシ~エノキ落ち葉の下で仮眠していた~ゴマダラチョウ越冬幼虫を探していて見つけた~名前がすぐ出てくるメンバーってすごい・・

画像
                    同じく潜っていた、エザキモンツキカメムシ

画像
               昼タイムにメンバーが見つけたクサギの冬芽と葉痕
画像
               近くにもクサギの違う表情あり

画像
アラカシ葉裏に上村さん見つけて興奮気味~越冬のウラギンシジミが4頭見える~この場所では計5頭、珍しいと言う

画像
                    アキナミシャクガ

画像
                    ツバキにウラギンシジミを発見

画像
                     ゴンズイ

画像
               こちらのウラギンシジミはコナラ葉に~落葉の時期には移動するのだろう

画像
                    卵を探しながら~コナラを見上げる



                         沢風に誘われて~ホーム






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント