北海道~花の旅③ 赤岳(大雪山系)

2018年8月3日(金)はれ
L.popo、ikuko
画像
 赤岳頂上の左手から眺める大雪山系の山波に胸が透く。左から白雲岳、後旭岳、旭岳、熊ヶ岳、北海岳。30年前にはこれでも、天人峡を基点に旭岳から今見える稜線を左へ辿って南下し、トムラウシ往復周回の縦走をしたことがあり、若い力はたいしたもんだ、と我ながら思って懐かしかった。
 きょうも、比較的楽なコースを選んでくれた。前夜に砂埃を上げて銀泉台まで悪路を走ってくれたが、途中の「大雪道路情報センター」(?・名称は不明)「防雪」と書いてあったような・・建物があり、そこで仮眠している人の記録を後で知った。だが、がんばって闇の中、銀泉台に到着すると何台もの車が停まっていてナンダカホッとする。その夜の星空の美しかったこと!手の届きそうなミルキーウエイが銀色にたゆたっていた。

    銀泉台P.(車中泊)5:50-第二花園(雪渓)7:20-コマクサ平7:50-赤岳9:35~10:15-駐車場13:00
画像


画像
                    美しい白樺並木をしばらく歩く

画像


画像
                    ミヤマカラマツ

画像
                    早朝ならでは・・
画像

画像


画像


画像
          

画像
                    第二花園の雪渓が現れた
画像

画像
                    唯一の雪渓に嬉しそう・・
画像


画像
                    アオノツガザクラ

画像


画像
                    エゾノツガザクラ

画像
                    ワタスゲが残る

画像
コマクサ平のコマクサは圧巻~天然記念物のウスバキチョウはコマクサに吸蜜に来ると言うことをpopoさんから教えてもらった~oh!会いたい!・・と思ったが時刻が早かったせいか、下りでも会うことは叶わなかった
画像

画像

画像


画像
                     赤岳方面を望む

画像


画像
                     チシマクモマグサ

画像
                     霜が付いたらきれいだろうねぇ・・

画像
                     エゾイワツメクサ

画像
                     タカネトウウチソウ
画像


画像
                     岩場の突起がある赤岳頂上はもうすぐ
画像
                右手には残雪の美しい、たおやかな北鎮岳が手招きし、隣には三角の陵雲岳が座る
画像
                     岩峰の頂上へ
画像


画像


画像


画像
                     下りも滑ることなく快適

画像
コヒオドシ~蝶の先生の上村さんから、北海道以外では中部地方の高山帯で見られるだけの貴重な蝶だと教えてもらった~私たちの後を追いかけるように、また行く手を遮るかのようにその場面、場面で現れては飛んでいってしまい、何頭にも会ったのになかなか撮影は叶わなかった~昨日の富良野岳でも、頭上を舞っては消え去った

画像
そして、ミドリヒョウモン~私の住む茅ヶ崎エリアではほとんど見ることができない~それなのに、ここでは当たり前のように何頭にも出会った~嬉しかった
画像

画像

画像
                    裏翅も美しいがなかなか見せてもらえない

画像
     銀泉台P.に到着~下山の記入をする~ここには水場があり、水量豊かで、冷たくて美味しかった



                           北海道~花の旅① 羊蹄山

                           北海道~花の旅② 富良野岳

                           北海道~花の旅④ 黒岳


                           沢風に誘われて~ホーム



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント