上信越 根子岳山スキー

2018年3月11日(日)はれ
kazu、ikuko
画像
 リフトに乗ってそのトップから歩き始めると、すぐに目的の根子岳山容を望むことができる。想定していたより雪は少ない。
 きょうは、後ろ向きだった山スキーにようやく気持ちが動き、手始めにと根子岳を選んで出かけた。行きたいところは数あれど・・トホホなお年頃。スノーキャットに乗りたいと言ったら、即、却下。当たり前か。
 この日はまた嬉しい出会いがあった。駐車場で旧知の山仲間に声をかけられてビックリ。きのうは四阿山を滑走したと言う。あまり話はできなかったが、なんだかほっこり。遅足の私はもちろん追いつくことはできず、彼らと山で会うことは叶わなかった。
 根子岳近くに来ると北東の奥に志賀高原の山々が望め、その手前の山波に山霧が立ってそれはそれは幻想的で美しかった。
 だがきょうの雪質ときたらガリガリで、滑走の際はその振動が足に響いて辛かった。先日の大雨や強風によるものではないかと想像した。それでもようやく自分なりの今季のスキー入口に入り、重い腰を動かして雪山にも目が向き始めたのだった。

奥ダボススキー場・第一トリプルリフトトップ8:50-根子岳11:50~12:00-スノーキャット降車場(ヘリポート跡)12:15~55-リフトトップ13:25-駐車場13:35
画像


画像

画像
 振り返れば、お決まりの妙高山等の頸城山塊がくっきりと見える~北アルプスの白屏風は霞んでしまっていた

画像
          小根子岳との分岐~昨年の同時期に小根子岳へ滑走したのを思い出す

画像
  ヘリポート跡付近から振り返る~今の時期、雪が少ないためスノーキャットは避難小屋までとのこと

画像
                    急坂を上がれば頂上はもうすぐ

画像
   そして、北東方面の奥の白い三角は岩菅山と同定すると右へ横手山から草津白根方面~山霧が美しい

画像
                    見慣れた頂上へ~四阿山の奥に浅間山が黒い 

画像

画像
                 ヘリポート跡までシールをつけたまま下り、肉まんを温めてコーヒータイム♪

画像
                    シール外して滑走 

画像

画像
                      左手に避難小屋を確認

画像

画像
          あっという間にスノーキャットが鎮座ますリフトトップへ~スキー場の人となった



                          沢風に誘われて~ホーム




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント