至仏山~山ノ鼻山スキー

2017年4月30日(日)快晴
kazu、ikuko
画像
 至仏山山頂から尾瀬ヶ原に向かって滑り込む。あっという間に小さくなるkazuさん。
 3年前に至仏山からワル沢滑降したことで満たされた思いがあり、当たり前のように今年も計画した。残雪期は植生保護のため毎年ゴールデンウイーク以降は入山できず、鳩待峠までの除雪もそれに合わせるようだ。今年は多雪のようで、予定より一週間近く遅れ開通が28日10:00となった。なので入山日が限られ、好天予報と日曜日とが重なり、山は大賑わいだった。山頂からは上越国境稜線を始め、残雪を抱いた山波が連綿と続く大展望に恵まれ、この日を選んで良かったと満足した。
 今回は平標山のスキーでも一緒だった山仲間が別行動ながら同日に山ノ鼻ルートを滑走するというので、私たちも同じルートを計画した。鳩待峠と頂上やコーヒータイムで一緒になり、楽しいひとときを過ごすことができた。このルートはワル沢よりも少し長く滑走でき景色も素晴らしいが、帰りは鳩待峠までの緩い登りが長く感じる。暑いほどの陽ざしだったが、ブナ林や雪解け水の輝きに励まされながら、これも山の楽しみと捉えて歩くことができた。

【4月29日】
茅ヶ崎自宅13:00ー鳩待峠P.16:20
(駐車料金@2500円・戸倉~鳩待峠の夜間通行止め18:00~6:00)
【4月30日】
鳩待峠P.6:35-オヤマ沢田代9:05-至仏山10:35~11:10-コーヒータイム♪11:45~12:25-山ノ鼻近く12:35(シールをつける)~55-鳩待峠P.14:40
画像


画像
駐車場をあとに登山口に向かう~なるほど前回より積雪が多い~峠にはミニパトカーが停まり、警察官が登山届ポストの前で見守っていた
画像
                  初めは板を担いで歩いた
画像
喧騒を離れて少し北側を歩く~小至仏山のトラバースルートにはもう歩いている人の姿が見える~至仏山山頂が見えるのが嬉しい
画像
               標高1900m付近に来ると、岳樺の間から会津駒の優しい山容が望めた
画像
                  オヤマ沢田代からの眺めは懐かしさを呼びさます
画像
        小至仏山のトラバースルートには白砂糖に群がるアリさんのよう・・直登している人も見える
画像
目を西に向ければ~左の黒々とした谷川岳や一ノ倉岳から巻機山への上越国境稜線が望め、遅いついでにしばし眺めやる
画像
谷川岳東面をズーム~一ノ倉沢や衝立岩を抱いている~白毛門から朝日岳の奥には苗場山が霞んで横たわる
画像
                  山スキーの記録でよく見る柄沢山も雪たっぷりで魅力的
画像
ようやくトラバースの仲間入り~これが追い立てられるようで結構つらいのだ~反対側から来る人たちも増えて、よけてくれる
画像
                  あ~それなのに~ピースって・・ひんしゅくものだわさ・・
画像
トラバースが終わり、振り返れば武尊山が小至仏山と笠ヶ岳の間にどっしりと座っているのがわかる~すれ違ったガイドさんが「一番右が沖武尊山です・・」と説明していた~あとで調べたら、その奥には富士山が見えることもあるようだ
画像
山頂に着き、途中で追い越していった山仲間と再会♪前回より1時間も遅い到着となった・・トホホ・・まずは、ならまた湖を俯瞰したくて、ひとり展望地へ
画像
上越国境の線を引く山波は谷川岳から平ヶ岳まで良く見えて、山座同定が楽しい♪~その奥には越後三山のとんがりが目立つ~さらには利根川や楢俣川源流の山々も負けじと白い線を描く~ススヶ峰が特定できると嬉しくなる・・とうとう見るだけで終わりそう・・
画像
そのススヶ峰をズーム~平ヶ岳の手前に横たわる平たい、褥のような平原だ~さらに、平ヶ岳から越後駒へその稜線をなぞると、大好きな荒沢岳が真ん中あたり、隠れるように小さな三角を見せる~想定外が嬉しい♪
画像
                  とりあえず収まって・・
画像
                        準備して滑走~少しムジナ沢寄りに進み
画像
     夏道方面へトラバース~夏道は階段が見えるほど雪解けが進んでいる~奥には日光白根山が霞む
画像
                          少し重い雪だが大斜面に大喜び♪
画像

画像

画像

画像
                               振り返る
画像
山頂から30分程下った所でコーヒータイム♪このために山に入っているといっても過言ではない~あとから仲間もやってきて一緒にくつろいで楽しいひとときを過ごす
画像
                         さて、出発~雪はさらに重くなる
画像
                         10分ほど下ると山ノ鼻近くに出た
画像
          開けた気持ちの良い光景の広がる場所だ~木陰でシールをつけて休憩
画像
     振り返れば~滑走してきた斜面が見える~次回はムジナ沢だ、と意気込むkazuさん・・
画像
        波打つ雪面は歩きづらいが、喧騒を吸い込んでくれるかのような景色に心静まる
画像
                     山ノ鼻周辺はたくさんの人たちでさんざめく
画像

画像
                    川上川沿いを春の息吹を浴びて歩く
画像
     靴のバックルを開放し、踵を外したスキーでは私にとって越えにくい場所がいくつかある
画像
               一度の休憩をはさんで最後の急登が終わるとそこは鳩待峠だ
画像
                    楽しかったね♪                 



                         沢風に誘われて~ホーム






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • ikuko

    エイトマンさん、ありがとう。
    もうお年頃だからね~来季はどうなることやら・・
    2017年09月14日 08:20
  • エイトマン

    元気だね
    p☆
    2017年09月14日 04:46
  • ikuko

    まつ○さん、ありがとうございます。
    この日は天気が良くて最高でした!
    まつさんと、雄大な鳥海山を滑走した春を思い出します。
    今年、東北の山スキーと温泉を楽しんでいた、まつさんの世界はまた渋くて羨ましかったですよ。
    2017年05月16日 22:13
  • まつ

    高野さん、最高に気持ちよさそうですね。春の尾瀬はいいなぁ。  
    2017年05月15日 20:44
  • ikuko

    popoさん、コメントをありがとうございます。
    昨年は寡雪でしたからね。
    でも山ノ鼻夏道ルートは今年も階段が出ていましたよ。
    なのでそれを避ければ、尾瀬ヶ原に向かっての滑走は気持ち良かったです。
    2017年05月04日 12:08
  • popo

    今年は、雪が多くて気持ちがよさそうですね。
    昨年は、同じ時期に平ヶ岳に行く予定が、尾瀬ヶ原に雪がなく断念。
    行先を至仏岳に変えましたが、至仏から山の鼻のルートの階段が出てしまっているほど、雪が少なかったです。
    2017年05月03日 23:49