上信越 根子岳~小根子岳(北肩)山スキー

2017年3月13日(月)晴れのち曇り・雪
L.kazu、ikuko
画像
 小根子岳直下を滑降し、北肩に向かう。地形図で想定していたより、その雪の付き方のためか、大きく波打つような地形になっていた。朝は晴れて、登り斜面から振り返ると北アルプス等の白い山波が浮かんで美しかった。それが、根子岳に着く頃にはガスがかかって天気は下り坂になった。好天時には展望が良く、富士山まで見えるのだが・・。それでも、今までと違う斜面、それも渋いコースを滑降できるのは私には嬉しかった。「山スキー百山」から選んだルートだった。北肩からの斜めトラバースは想定通り緩やかで、フカフカ雪に90㎝板はもぐり易く、歩く場面もかなりあって辛かったが、美しい林相の中を綿雪舞う世界に陶然として歩いたことは忘れがたい。小根子岳付近から西側斜面を滑降してきたと思われるきれいなシュプールがいくつも線を描いているのに出会い、私たちもそこから滑降すればよかったかな、とふと思ったが、長い板だから滑走しやすいのかも、と話す。それに、北肩への稜線トレースも捨てがたい思いだ。
 根子岳は山スキーやハイキングで何度か訪れているが、いつも奥ダボスからのアプローチだった。峰の原高原スキー場からは静かなアプローチができると知り、計画した。蓼科山の反省から、ナントカ根子岳のピークは踏みたいと思った。しかし、若かりし頃より2倍の時間がかかり、kazuさんを待たせることしばしだった・・。次回はスノーキャット(雪上車)のお世話になるかも・・トホホ・・
 きょうは、恒例となってきた軽井沢保養荘に宿泊しての山スキー山行。明日は湯の丸山に行く予定だ。

峰の原高原スキー場・リフトトップ9:30-避難小屋11:15-根子岳13:30~45-小根子岳14:05-北肩14:25ーゲレンデトップ15:35-駐車場15:50
画像
矢印の黒は登り、オレンジは滑降です。小根子岳北肩は昭文社の地図やガイドに書いてありますが、現地は「ザレ岩」の看板や、菅平分岐の道標があるのみでした。その先のピークに三角点らしき石の標柱がありましたが、何も書いてありませんでした。測量用かもしれません。
「スノーキャット」は奥ダボスから客を頂上近くまで有料で運んでくれます。2010年から開始したようで、その数年前まではヘリコプターのサービスがあり、70年代にはなかったけれど、80年代には飛んでいたのを見た記憶があります。

画像
乗りたかったリフトが止まっていたので隣のリフトに乗るとペンション村の中を通ることになり、車道を横切ることも・・
画像
          ゴルフ場に出ると、雪面の柔らかさが際立つ
画像
振り返れば~右手に頸城山塊や戸隠連峰がぽこぽことしたうねりを見せている~高妻山がひと際白くて目立つ~それぞれがわかりやすいので山座同定する
画像
そして、左に目を移せば北アルプスの白屏風だ~白馬から鹿島槍もくっきりと双耳峰を見せ、針ノ木方面は霞むが心澄ませてくれる
画像
          行く手には根子岳方面の穏やかな山稜・・
画像

画像

画像
かまぼこ型の避難小屋が見える~昔はストーブに火が入っていたこともあり、暖をとった思い出がある~寒い日には休憩するのにも助かる
画像
          巻機山のような雰囲気が嬉しい
画像
     ブルンブルン・・と大きな音がすると思ったら・・「猫バス!」と思わず漏らす~スノーキャットだった
画像
ここはヘリポート跡~今はスノーキャットの折り返し地点で、左手に車が停まり、ちょうど乗客たちが降りているところだった~この先の頂上直下は少し急登になる~長い板を担いで、アイゼンをつけて登っているグループがいた~きっとゲレンデスキーの板だろう~その重そうな様子を見るだけでクラクラするよ~ここからは、今までとは打って変わって樹氷の様相になりいい感じだ
画像
                  振り向けば、雪上車が圧雪して、まるでゲレンデのよう・・
画像
                  昔と変わらない姿の根子岳頂上にて~シールを外して滑降よ
画像
          もと来たルートを戻り、急な所はトラバースする~奥には小根子岳かな・・
画像
                  わぁ~ぃ・・
画像
                  樹林を抜け・・
画像
                  静か・・
画像

画像
                  小根子岳へ
画像
                  根子岳を振り返る~いいね・・ここから登りのため、板を外している私
画像
                  ここに来たかったというkazuさん
画像
              また板をつけて北肩に滑降している私~小根子岳を振り返って撮ってくれた
画像
             地形図上の北肩(菅平分岐)を過ぎ、標柱のあるピークへ、ツボ足で向かう
画像画像
    分岐(北肩)に戻ると・・                   こんな看板がある
画像
                  斜面に向かう~モナカ雪になり滑りづらい
画像
                  雪の粒は綿のようになり、絶え間なく落ちてくる
画像
                  踵を外さないのでつらい歩きに、美しい林相を撮ることも忘れたが・・
画像
                  それも、小根子岳の西側斜面を見上げるころには陽が射してきた
画像
                  スキー場が見える
画像
                  西側斜面には美しいシュプールがいっぱい~標高1850m付近
画像
                  ようやく気持ちよく滑降できるね
画像
                  スキー場に向かう終盤
画像
登りのルートと離れた場所をトレースしてゴルフ場内に戻ってきた~そして、止まっているリフトトップからゲレンデの人となった




                         沢風に誘われて~ホーム




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント