黒姫山山スキー(東尾根)

2016年3月16日(水)快晴
kazu、ikuko
画像
黒姫山の頂上を目指して、外輪山と言われる稜線をコメツガの林に沿って歩く。バックには妙高山と対をなす柔らかな火打山から焼山までが、見守ってくれているかのようだ。黒姫山にはいつか行きたいと思っていたので、きょうの天気に押されるかのようにして頂上まで歩けたことは嬉しかった。そこは、狭いながらも素晴らしい展望が待っていてくれたのだった。
今季の寡雪に雪を求めて神奈川からは遠い地にやってきた。それならばと、翌日は妙高前山の計画を立てた。先日にはちょうど降雪があり、柔らかな雪で、前日と思われるトレースもあった。きょうは、ますます体力の落ちている私が登りも下りも足を引っ張ったため遅くなり、下りの尾根では時間のあせりもあったのか、単独者のトレースを追ってしまいH1430m付近からGPSに入れたルートをはずしてしまった。そこは広い尾根で特定できなかった。こんな時こそ、慎重に下らなければいけないのに・・。スキーはひとたび滑り始めるとあっという間に下ってしまい、ルートを外れてしまいやすい。(私たちだけ?)だが、何とか尾根の北側をトラバースするようにして下り、スキー場の音楽が聞こえてきたときはホッとした。下ってみれば危ない場所もあったが、ブナ林の美しい場所では歓声をあげることができた。またも、反省ありきで良い学びとなった。

【3/15】上信越自動車道・黒姫野尻湖PA.車中泊
【3/16】黒姫高原スノーパーク・第二ペアリフトトップ9:05ー旧スキー場リフトトップ10:40-稜線・昼休憩13:00~20ー黒姫山14:15~40-下降点15:10-ブナ林15:35-ルートを外す(H1430m付近)15:50ー沢を渡る(スノーブリッジ)16:40ースノーパーク駐車場17:00
画像
リフトの「第一クワッド」は8:30~16:30(回数券2枚)、「第二ペアリフト」は9:00~16:20(回数券1枚)それぞれに乗りました。また、地形図の緑線はネット情報をもとにして入れたルートです。夏道(ハイキング地図には「表登山道」とある)を東尾根と書いている情報もあります。初めて行かれる場合は良く調べてからお出かけください。

画像
          落葉松林が雪化粧して着飾る中を進む「第一クワッド」に乗る~

画像
「第二リフト」トップには入山届ポストがあるが、スキー場が把握するのみで、正式な計画書は警察に届けてください、と書いてある~

画像
          前日のトレースのようだ~使わせてもらう~

画像
          抜けるような青空のもと、まさしく春山の暖かさに一汗もふた汗もかいて登る~ 

画像
          岳樺も、その青空に映えて美しい~

画像
旧スキー場リフトトップを振り返る~この下で、地元の単独男性に追いつかれ、話を交わす~何度も通っている方で、例年はリフト小屋の屋根が残る程度の積雪があるそうだ~小屋の窓ガラスが割れていた~さらに単独の若い男性にも追い抜かれてその人とは最後まで会えなかった~

画像
          ケルンのある姫見台を過ぎ、セピア色したブナ林の世界を歩く~

画像
          北側には妙高山、三田原山、そして火打山が見えてきて、心和む~

画像
コメツガに変わってきた道からは、東に野尻湖を抱えるような斑尾山、そしてたぶん草津や志賀の山々の奥には白い屏風のように連なる国境稜線の山波だろうか~心躍る~

画像
          そのあたりを歩く私~

画像
私たちの昼休憩が終わるころ、話を交わした地元の単独男性が、少し先で休憩していたらしく、そこから立ち上がって写真手前の沢状を華麗に滑降していった~

画像
          その先は小さな起伏が続いて歩きづらい~

画像
          ようやく、kazuさんの待つ山頂に到着する~

画像
          せっかくだからね~と、kazuさんがセルフをセットしてくれてパチリ~

画像
素晴らしい展望をほしいままにすることができて、苦労の甲斐があったわ~西には戸隠連山から高妻山、乙妻山~その奥には白馬方面の山波か・・(あとで調べたら、鹿島槍や五龍岳、剱岳、唐松岳方面だった)

画像
北西には噴煙上がる焼山がくっきり~白いビロードのような衣装を纏った金山や天狗原方面(雨飾山?は見えないようだ)・・遅くまで待っていてくれてありがとう♪

画像
          さぁ~シールを外して戻りましょう~

画像


画像
          時刻が遅いこともあり、夏道付近から東尾根へトラバースすることにする~

画像
          ルンゼ状に入り~

画像
          自分の引いてきたルートに乗り、さらにはブナ林を滑走できることに大喜びする~

画像画像


画像
          湿った新雪だけど、気持ちいいなぁ~何度か転んだけどね~

画像


画像
          林相が変わる~

画像
          このあたりから左に行き過ぎた~

画像
          ちょっと不安・・

画像
これから先は急な沢状に入りそうになり、回避する~右の東尾根からは細かいデブリが斜面にたくさん転がっている~尾根を滑走した人の影響だろうか?ちょっとこわいのでこの後は必死に下り、30分くらいはカメラを出せなかった~

画像
        ルートどりがうまくいって、ちょうどスノーブリッジを渡ることができた~

画像
          古いリフト跡に出た~ほっと一息~

画像
          そして、スキー場ゲレンデの人となった~目の前の斑尾山が明るい~

画像
私は足の疲れで立ち止まり、暮れなずんで誰もいないゲレンデから、三田原山、妙高山、前山、神奈山と、きょうだいのように並ぶ山々を眺めながら、明日は前山だ・・と静かな、穏やかな気持ちに浸っていた~



                          
                        沢風に誘われて~ホーム



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント