富士山 御殿場口 山スキー

2015年3月4日(水)はれ時々ガス・強風
kazu、ikuko
画像
御殿場口登山道近くの標高1950m付近を滑るkazuさん。
きょうは、御殿場口から宝永山まで登って、滑りたいと言っていたkazuさんに誘われて出かけた。私も昨年、宝永山下部を滑った時の感動は忘れられないので、できれば行きたかったが、目的地までは行かれるところまで、とした。予報では雨の後、4日は気温が上がる、と言っていた。なので、予想としては富士山には降雪があり、当日は寒さが緩んで歩きやすいかな、と期待した。確かに凍えるような寒さはなく、初めは歩きやすかった。だが標高1600m位からは風が強くなり初め、それも1800mを過ぎるころは時々烈風にさらされ、耐風姿勢をとることを余儀なくされた。私は体を倒されそうになることもあり、不安が募ったので、2000mを過ぎたあたりで引き返してもらった。滑降は、予想通り気持ちのいい雪質で快適だった。ザラメに新雪が乗っかっているような感じでとても滑りやすく、苦労して登った甲斐があったと喜んだ。kazuさんはもう少し上まで登りたかったようだが、私はこれで充分だった。

太郎坊洞門8:30-引き返し地点(H2030m付近)12:05~25-昼休憩(H1500m付近)12:45~13:15-洞門P.13:45
画像


画像
         歩き始めは板を背負って歩く~目的の富士斜面が輝く~

画像
         雪解け水の音がざぁざぁ・・と、大きく響いて聞こえる~

画像
         標高1450m付近で板をつけて10分ほど歩くと、右手に「大石茶屋」が見え始める~

画像
やがて~富士山頂、宝永山と二ツ塚が並ぶ光景が見られるようになる~胸の透く場所だ~上塚と下塚の間に見えるのは雪崩の跡だろうか~私たちが歩く近くにはデブリがある~

画像
         二ツ塚が大きくなってきた~

画像
         途中、雪解けの水流を渡る~

画像
時折ガスがかかり~その強風の中で見る上塚と宝永山との鞍部の曲線が美しく、スーッと吸い込まれそうな錯覚を起こす~

画像
         目指す斜面は雪煙が上がっている~

画像
         時々ホワイトアウトの場面がある~

画像
         強風のため、先行トレースも消えそうになる~

画像
         それでも右手には山中湖がはっきりと見え~奥には御正体山が目立つ~

画像
腰を折るようにして烈風を避ける場面が増え不安になったので、ここで引き返すことにする~登山道に立つ標柱の一つだが、シールを外したり、パンをかじったり~この一本の標柱があるだけで、少しでも安心するのがフシギ・・

画像
         一瞬、風のとぎれたのを狙ってトラバースを始める~目の前は上塚~

画像
         そして~自分たちのトレース沿いに滑る~

画像
         私も追いかける~

画像
         おぉ・・気持ちいい~その滑走音もいいよ♪

画像
         そして、kazuさんも~

画像
         うまいね~シャッターチャンスが?・・

画像
         あっという間にガスの中へ~この後は重たい春の雪に変わる~

画像
         もと来た道を直滑降で進む~富士山、そして宝永山バイバイ・・

画像
         昼休憩にしてホッとする~

画像
    腰を上げて進むと~柔らかな雪面のトラバースがあり、眼下に御殿場口新五合目の駐車場が見える~

画像
         板を外して進む~

画像
 

画像
駐車場に戻ると~洞門前は朝、土砂崩れのため通行止めとなっていたが、それは外されていた~作業車両が何台か通っていたが、その作業は終わったらしい~




                            沢風に誘われて~ホーム       


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

  • ikuko

    友峰さん、こちらにもコメントをありがとうございます。
    同じ日の富士山でも雪質はさまざまですね。
    友峰さんは毎日のように富士山やその周辺を楽しまれていて羨ましいです。
    5月の富士山でお会いできるかもしれませんね。

    2015年03月06日 23:05
  • 友峰

    御殿場口レポート拝見しました、雪質が良かった様で羨ましいです。ちょっと前には洞門近くまで滑れたけど雨で融けた様ですね、駐車場から車道沿いに下ると結構下まで滑れましたよ、今はちょっと判りませんが 。。。 

    小富士のレポートも見ました、以前は良く通いましたが、その後は五合目から森林限界まで、でも水ケ塚に雪があれば、こっちの方が近いので小天狗塚専門 ? です。
    2015年03月06日 15:49