玉原高原~鹿俣山スノーシュー

2015年2月28日(土)曇り時々晴れ
L.ucon、みかん、ikuko
画像
ラッセルを交代しながら鹿俣山(かのまたやま)を目指す。ここは標高1600m付近の少し急登になるあたり。ダケカンバやブナが霧氷に飾られてとても美しい。
きょうは、スノーシューや山スキーのメッカでもある玉原高原をuconさんが山ネットで計画してくれたので参加して出かけてきた。以前より行きたかった場所なうえ、山でお汁粉を食べます~と言うので、行く前から楽しみにしていた。2日前に茅ヶ崎では冷たい雨だった。その影響か降雪があったらしく、深い新雪に驚くやら、おとぎの国に迷い込んだような幸福感やらが交錯して私は陶然となった。

たんばらスキーパーク・リフトトップ10:50-鹿俣山11:35~40-お汁粉休憩13:00~13:55-スキーパーク駐車場15:30
画像
         登りはリフトを使いました。

画像
関越道の渋滞により出発が遅くなり、歩いて登る予定をリフトに代えてあがる~リフトに揺られながら見る林の斜面はフカフカ雪で、ラッセル必至~歩くとしたら時間がかかりそうだ~2回乗り継いでリフトトップにてスノーシューをつけて出発する~写真左方から直上すればショートカットできるが、スタッフに回り込むように指示される~

画像
         登り始めはuconさんトップで~

画像


画像


画像
  トップ交代で私の前に広がる手つかずの雪原に胸躍る~歩けばふわふわとした感触がとても気持ち良い~

画像
         いいね~

画像
         みかんさんにトップ交代する~トップ写真のあたり~

画像
         ダケカンバに迎えられ急登を喘ぎ登ると~鹿俣山が目の前だ~

画像
その頂上からは左に剣ヶ峰山だと思われる山容が望める~武尊山(沖武尊)は見えないようだ~この山域では前武尊は山スキーで、沖武尊は残雪期に訪ねているので思い出深い~雪庇が発達しているのでこの先に行かないように注意される~展望があるのは嬉しいな~その南には、3人で17日に歩いた赤城山が遠く座っているのが見え、親近感が増す~

画像
         いつもの3人で~

画像
         頂上を飾る霧氷群~
画像


画像
         もと来た道を戻り~

画像


画像
スキー場トップの合流点で休憩の後、下りの尾根を特定する~そこからは玉原湖が白いその姿を見せている~

画像
途中で、北西方向に谷川連峰が樹間より垣間見える~uconさんの口からは「・・一ノ倉・・マチガ・・」等々、連なる谷や尾根の名前が出てくる~青春時代の百戦錬磨の思い出か・・衝立も見えるようだ~

画像
         標高1450m付近のブナ林は~

画像
        丹沢の臼ヶ岳南尾根の水晶平を彷彿とさせる~この中を進みながら思わず声をあげる~

画像
         標高1400m付近で西に少し向きを変える~

画像
標高1350m付近でお楽しみ♪お汁粉を作る間、コーヒーを飲みながら談笑する~風もなく穏やかで和やかな時間がゆっくりと過ぎていく~そして、おいしいお汁粉でした!!感謝♪

画像
         楽しいひとときを終えて出発~

画像
         うしろに道はできる・・

画像


画像
         樹影に見送られて~

画像
    時間が迫ってきたので玉原越えの予定を止めて、標高1300m付近から銅金沢沿いに下ることにする~

画像
         時にスノーブリッジを越えることもあり~

画像
センターハウスが見えてきた~林道に合流し、辿ると右手には東屋のある「中心広場」が白く広がり、犬2匹を連れた男性がスノーシュー散策をしている~犬も飛び跳ねるようにしてラッセルをし、そのようすは嬉々としているように見えて微笑ましく、私も楽しくなった~

画像
         私たちはそのまま林道を歩く~

画像
そして、武尊山方面を望む駐車場に到着した~剣ヶ峰山の左に少し顔を覗かせているのは獅子ヶ鼻山かしら?
         
                    
                     楽しかったね♪ありがとうございました☆



                    uconさんの記録          みかんさんの記録


                           
                          沢風に誘われて~ホーム



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント