尾瀬 至仏山ワル沢・山スキー

2014年4月26日(土・はれ)
ikuko、kazu
画像
至仏山西南のワル沢左岸斜面を滑降する~広大広大な一枚バーンに大喜びする~たくさんの人で賑わっていた至仏山から滑り始めるともう私たちだけの世界が待っていた~春山スキーはこれだからやめられない~雪質も申し分ないやわらかなザラメ雪に、自分がとても上手になったような錯覚を起こさせてくれる~
きょうは、かねてより行きたかった至仏山に行ってきた~春スキーのメッカとあって大勢の岳人が春山を謳歌してつきない喜びを満喫しているようだった~リピーターも多いのだろう~頂上からは上越国境の山々が自分の想いと重なり、圧倒的な存在感で迫ってきたこともあり、私たちにとっても来年は再訪したいと思わせてくれるものがあった~

(5時台で峠の駐車場は満車だった。そのため、第1P.まで下り、乗り合いタクシーで峠に向かった。峠の駐車場の除雪は半分くらいしかできない状態のようだ。連休中は前日に入った方が良さそう?)
鳩待峠7:20-至仏山10:30~11:30-ワル沢滑降ーコーヒータイム12:00~25-川上川沿い登山道12:35~45-鳩待峠13:05
画像
 「至仏山保全対策会議(尾瀬保護財団)」が毎年「入山の皆様へ」と、事前に調査して情報を出してくれている。今年の積雪は例年並みだが、場所によっては少ないところがある、とのこと。


画像
緩やかな台地を5分も歩くと右手に小至仏山から至仏山への稜線が優し気に見えてくる~ちょうど真正面に見えるあのワル沢を滑るんだなぁ~楽しみ♪

画像
この台地はブナ林にもなっている~その枝には珍しく果皮(穀斗)が残ってる?~四裂に開いているので実だけ落ちたのか?初めて見た~

画像
燧ケ岳が春霞のベールに包まれているのが見えるころ、小至仏山のトラバースルートを辿っている人たちが見える~

画像
「保全対策会議」がルート上にポールや赤リボンをつけてくれている~ガスが出たらわかりにくい場所だ~三角のとんがりは小至仏山~

画像
       そのトラバースへ~

画像
歩みの遅い私が途中で写真を撮るのがはばかれるほど、あとからあとから人がやってくる~霞む燧ケ岳と尾瀬ヶ原が白い~

画像
       そして、至仏山へ~

画像
頂上にはたくさんの人たちが歓談して楽しんでいる~私の後ろには100人くらいはいるような感じ~ちょっとオーバーかな~燧ケ岳の左手に会津駒ヶ岳が霞む~

画像
憧れの上越国境稜線に胸が熱くなるのは私だけ?~左奥に巻機山から下津川岳、そして国境稜線ではないが八海山も見えるようだ~手前の稜線は利根川と楢俣川に囲まれた山域だろう~

画像
ゆったりとした平ヶ岳の稜線を右に辿ると大白沢を抱く大白沢山や手前には楢俣川源流のススヶ峰が見てとれる~私には垂涎ものの山域だ~・・ただ君に恋している・・心から~♪
展望を堪能したあとはゆっくりと休憩する~

画像
下降を始めようとして、東側正面(この写真には写っていない。この右手)を見ると山の鼻への登山道?には木道が現れていて、「えっ!」と驚いていたら声をかけられた~「私たちは尾根を行きます・・」と言って山の鼻へ滑走する人たちだった~真ん中の三角斜面を行くようだ~彼らは華麗に滑って行った~私が思っていたよりは雪が少ない~

画像
   さぁ~いよいよ滑降だ~広い斜面に開放感がいっぱい~奥の小至仏山には行き交う人たちがいっぱい~

画像

画像

画像

画像
       一気に滑ってしまうのがもったいなくてね♪

画像

画像
       このワンダーランドでコーヒータイム♪

画像
       ワル沢を横断する~

画像
       さらにオヤマ沢を渡ると~何パーティーかの人たちが休んでいた~

画像
ここからは登りになるため、板をザックにつけて歩く~重くなって負担だが、ブナの林相にはナニか大きな抱擁力があるようで、苦にならない~

画像
       バイバイ~またね~滑降してきたと思うと、最初に見た時とはその感慨が違う~

画像
       鳩待峠に到着し、タクシーで駐車場に戻った~


                          沢風に誘われて~ホーム


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

  • ikuko

    FUYOUさん、コメントをありがとうございます。
    そうだったんですか~!同じ日にこの山域にいたのですか?!~素晴らしい山行になったことでしょう~
    ススヶ峰は楢俣川源流なので憧れているのですが、私の力ではもう遡行することはできそうにありません・・トホホ~
    またどこかでぱったりとお会いできるかもしれませんね~


    2014年05月07日 08:40
  • FUYOU

    26日ikukoさんが涎を流して眺めていた山の中にいましたよ。尾瀬から平ヶ岳へのピストンの途中でした。スズヶ峰から見た至仏山は雄大でなるほど百名山、納得!!
    2014年05月07日 06:46
  • ikuko

    友峰さん、コメントをありがとうございます。
    ヤフーブログは見ていますよ~毎日のようにチャレンジされていますね~ほんとうにお好きなんですね~私はそれを参考にして富士山には行きたいと思っています。私はゲレンデに毛が生えた程度の所でしか滑降できないので、山頂まではとても行かれないと思いますが・・またお会いできたら嬉しいですね☆
    2014年05月05日 08:33
  • 友 峰

    遠征、山スキー羨ましい、楽しく拝見しました。こちらは近場の富士山オンリー、今だ山頂へは行ってません、まだ山頂からの滑降は厳しい様です、怖い思いをしてまで滑りたく無いので 。。。何処かで偶然、なんて楽しいでしょうね。

    今度ヤフーブログに変えました、グーグル検索、友峰、富士山で見つかると思います。
    2014年05月04日 22:30
  • ikuko

    kimagurebaronさん、コメントをありがとうございます。
    そうでしたか~尾瀬ヶ原を正面に滑降するのも気持ちがいいでしょうね。
    尾瀬周辺は魅力的なルートが他にもあるようですね。
    でもゲレンデのようなワル沢はこの時期には私向きです。また来年行ってみたいです。体力があれば、ムジナ沢とセットも可能なのでしょうが・・
    バロンちゃんが走る回る様子をまた見てみたいですね☆
    2014年05月04日 11:58
  • kimagurebaron

    最高の天気に恵まれて良いツアーが出来ましたネ。
    私は以前ムジナ沢を滑りましたが、ワル沢は未滑降です。
    ワンコ連れの今となっては、さすがに特別保護地区は憚られますね~。
    いつかは滑ってみたいです・・・。
    2014年05月03日 16:49