上越 平標山ヤカイ沢・山スキー

2014年4月16日(水・はれ)
ikuko、kazu
画像
ヤカイ沢左岸台地を歩き、平標山から松手山への稜線にヤカイ沢が食い込むようすが見えるあたりにやってきた~このあたりの写真は記録でよく出ていた~なるほど・・あの沢斜面を滑りたいと思う気持ちがわかる~でも沢の急斜面は滑落と雪崩がこわい~私たちはこの台地を往復する予定だ~
春スキーに今回は私の好きな思い出いっぱいの平標山を選んだ~以前残雪期に歩いた時に、頂上直下の大雪田を滑りたいな、と思ったことがある~それがかなえられるだろうか~頂上からの展望も期待したのだが・・登り予定の尾根には雪が消えており、あえなくH1750m付近からの下降となった~何度も頂上を踏んでいるのにそれでも行きたかったね~だがブナなどの林を縫っての登下降は気持ちがよかった~

登山口P.7:05-別荘地終点7:25-H1750m11:00(偵察、下降準備)~11:35ー休憩11:50~12:30-別荘地終点13:10-P.13:35
画像


画像
平標山登山口駐車場に車を置いて、別荘地内の除雪されたコンクリート道をプラブーツの踵が減るのを気にしながら歩く~雪は出始めが堅かったので板はザックにつけた~河内沢にかかる橋を渡り、ヤカイ沢左岸の緩やかな斜面を登る~

画像
1時間ほどで、たおやかな稜線に残雪が春山を描き、それを見せつけるようにして現れた~そうだね春山には喜びがあるね~トップ写真のあたり~

画像
目の前に大きなデブリが横たわり雪山の恐ろしさも伝えてくれる~うっすらと砂がかぶっているが、不安な気持ちは拭えない~

画像
       かなり上部からの雪崩のようだ~

画像
H1300mを過ぎると急になるのでクトーを付けて歩く~少しはあるきやすい~振り返ると苗場山の特異な山容が春霞の中に浮かんで見えた~さらに上部に進んだ時に見えた、お隣の神楽峰も真っ白だね、と今回の初めに計画していた山を見やった~

画像
       苦しい登りにふと見ると、あたりはブナの林になっていて心和む~

画像画像
そして、ブナの実が弾けてあたりに散らばり雪面に模様を描く~ひとつひとつがだんだんと自分の世界に入っていき、雪に守られているかのよう~また、薄緑の繭の中にはどんな赤ちゃんがいるのかしら?拾って振ってみるとカラカラと乾いた音がしたけれど・・

画像
きつい登りから左手の山斜面を見るとおもしろい雪形がいくつかあり、あれはペンギン、あれはゾウ・・などと楽しんで気持ちを紛らわせる~

画像
       足元ばかり見て歩いていたが、この先の尾根上には・・

画像
藪が現れた~笹竹を超えて行くのはプラブーツではつらい~あと標高差100mはきついので下ることにする~右斜面のルンゼを偵察してみれば良かったかもしれないが、私にはあのブナ林を滑走するだけでもいい、と思えた~

画像
      下り始めると、単独の人と犬が登って来るのが見えた~へぇ・・雪山でワンちゃんは初めてだわ~

画像
ダケカンバの美しいあたりでその男性スキーヤーと言葉を交わす~今年は雪が多いからまだあると思って来た・・と私たちと同じことを考えていた~連れの犬は若いのに吠えもせずおとなしくしていたが、私たちと別れるのがわかると、すぐに走り出して賢いこと~

画像
       そして、滑走を続けた~

画像


画像
正面真ん中のブナの根元で休憩する~私たちがくつろいでいる間に、単独の人も戻ってテレマークで格好良く滑って行った~

画像
       滑りに堪能して振り返る~バイバイ~また来れるといいね~

画像
       だんだんと雪がガタガタとなって滑りづらくなり~

画像
       林道に出たようだ~

画像
       橋を渡り、もと来た道を辿る~

画像
      雪どけの歌を歌うように、勢いを増して流れゆく春野の沢が青緑にきらめいて、眩しく見える~

画像
駐車場に到着~後から戻ってきた単独者と話すとナント!同じ茅ヶ崎に住んでいると聞き、びっくり~それも我が子が通った中学校の区域だったので地域のお散歩コースで会っているかもしれなかった~こんなこともあるのかと、声をかける楽しさを感じた~



                           沢風に誘われて~ホーム


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

  • ikuko

    kimagurebaronさん、コメントをありがとうございます。
    平標山のブログを見ましたよ。きれいな写真で迫力があり、私のとは別物のようでした。バロンちゃんと一緒にまたどこかでお会いできたら嬉しいです☆
    2014年04月20日 22:15
  • kimagurebaron

    先日は山中で楽しいひと時をありがとうございました。
    自分の歩いた場所を別のカメラで見ると、不思議と新鮮に見えますね。
    次にお会いするのは、ご近所か、それとも別の山中でしょうか?
    楽しみにしています♪
    2014年04月20日 21:39